打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

動画エンコードが激変する!?

DOLのプレイヤーで動画エンコードをやっている方、少なくないと思います。

私も最近やりだして待ち時間がひまぽ・・。
特にH.264(MPEG-4 AVC)エンコードは、
恐らく今のPCの作業の中では最もCPUパワーを食うものの筆頭候補じゃないでしょうか。
で、今回は既報ですが面白いニュースをご紹介。

1)ペガシス、「TMPGEnc 4.0 XPress」 のCUDA対応を発表。
ペガシス社のプレスリリース


2)Elemental Technologies社、開発中の「BadaBOOM Media Converter」を製品化へ
Elemental Technologies社のHP


CUDAというのはNVIDIAが提供する開発環境で、C言語などを利用してCPUと同じようにGPUを計算処理に利用できる環境。GPUは本来グラフィックス処理が主たる用途ですが、現在のGPUは200以上のコア(SP)を持ち、性能が格段に向上したことで例えば3Dやストリーミング系の並列処理などはCPUよりも遙かに高速に実行できる、らしい。(すみません、どっかに載ってたの鵜呑みで書いてるだけ)
既に研究機関や業務用にこのCUDA環境は取り入れられていますが、
これがコンシューマ向けに活かされてきたと言う事でしょうか。

で、この中でかなり注目なのが、GPUによる動画のエンコード支援機能。
今の一般レベルで使っているCPUのコア数ってせいぜい4とか8ですが、
GPUでは既にプロセッサ(SP)の数はGF8800~9800世代で128、GT200世代で240と、
桁違いな構成で演算させています。
3Dなど並列的な処理でははるかにCPUより優れた能力を持っているこの現在のGPU、
これを利用して動画エンコードなどの作業時にGPUにも分担させる事で所要時間を劇的に短縮しようというのがこのGPUエンコード支援。

既に2)のElemental Technologies社では、以前からRapiHDと呼ばれていたこのソフトの試用版が「BadaBOOM Media Converter」としてNVIDIAからダウンロードできるように提供されており、先日の展示会ではその最新版のデモが行われました。(既に試用期間は終了)
そこではクアッドコアのCPU単体とGPUによるエンコード支援との比較でエンコード速度が2倍以上になったという結果が出ており、近日中にもこのソフトが30~100ドル程度で機能別に発売されるといいますからこれは注目じゃないでしょうか。

そして1)のニュースにあるように、
日本でのエンコードソフトの雄であるペガシス社のTMPGEncがこれに参戦してきます。
当面はフィルタ処理での実装から対応するそうですが、
更に将来的にはBadaBOOMのようにエンジンそのものもCUDAで作り変える可能性すら言及しています。
デモでは一部のフィルタリング処理速度が400%以上になったという結果が掲載されており、
これは期待大。
で、最後に昨日もう一つ入ってきたニュースを。

Leadtek社、 「CEATEC JAPAN 2008」東芝ブースにて

高性能画像処理カード『WinFastR PxVC1100』を出展

実は既に東芝製ノートPCの一部の機種ではこの画像処理チップが搭載されています。
で、これに搭載されていたH.264のリアルタイム画像処理チップがすげーぞって話はありましたが、
今回リードテック社がこれを積んだPCI-Eの画像処理カードを発表してきました。
これは、PS3とかに使われてるソニー・東芝・IBMなどが共同開発したCellプロセッサ技術を利用して、
エンコーダーなどと共に画像処理用に1チップ化された『SpursEngine』を積んだもの。
例えばこれを使う事で従来のCPUエンコードとは比較にならない程の処理速度が実現するでしょう。
恐らく10倍とかの・・・。
特定の用途ではPC向けのCPUより優れた演算ユニットを使うことで動画の処理を高速化する、
基本的には上記の1)・2)のニュースと似たような思考ですが、
恐らく投入されている費用はこちらの方がはるかに膨大なものがあると思います。
あとは有力ソフトがどれだけ対応して、どれだけの機能が使用できるかといった点が気になる所ですね。

リードテック社のプレスリリース

また、ここでは触れていませんがこうなると注目なのが、
現在有力な動画編集ソフトの一つであるaviutlなどの無料で使用可能な個人開発ツール群の存在。
そんなこんなで今年~来年に掛けて、H.264を取り巻くPC環境は激変するんじゃないかと思います。


で、Geforce系から乗り換えてRADEON-HD4850買った私はどうすっかな・・・。
両方差してGF8600GTSに動画エンコード支援だけさせるとか出来ないのかなあ。
ややトホホなものを感じないでもない;


※追記
書いた後で色々見ていたら、AMDのRADEON-HD4000シリーズでも動画のGPUエンコードなどの支援機能が実現してくるようですね。既にサイバーリンクのPowerDirectorあたりのメジャーソフトが対応してくるというアナウンスが出てるとの事。各社各様のいろいろなアプローチがあって面白いですね。



おしまい。

FC2ランキング02
 
押してって下さいなー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/09/11(木) 07:15:42|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大海戦の補給艦チェック | ホーム | 特定の海域で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/626-8b50b555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。