打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

現代の帆船たち

先日募集したアンケートをみると、

歴史ものはまあ主力ですから別として、結構船に関する要望が多いですね。
で、最近書いてないのでリハビリ気味に取り上げてみます。

さて、日本の帆船といえば代表的なのが日本丸・海王丸。
これを有する航海訓練所のHPが結構好きなのですが、
ここのHPには現存する世界の帆船のリストなんかが載ってます。
リストをみると、最も大きいクラスとなっているClass A※に分類されているのが66隻。
 ※全長120ft(36.6m)以上の横帆船及び全長160ft(48.8m)以上の縦帆船。
更にこの下のClass AⅡ×21、Class B×31、Class C×86で約140隻ですから、
世界にはまだ一定以上の大きさを持った帆船が200隻以上残っているわけですね。
(小型のはカウントしていないし、大きいものも実際はもう少しある)

ちなみにこの中で最も古い帆船が、1797年に就航したあのCONSTITUTION号。
確かボストンに繋留されており、
このブログでも始めて間もなくの頃に大型フリゲートの例として取り上げましたね。
それにしてもいまだに現役ってのが素晴しすぎる。
で、現存するこれらの船のうち、『Class A』 の66隻をちょっと分類してみます。
ここから何か傾向とか出るかな、と。



1)マスト数の比較
分類1・マスト


圧倒的に3本マストが多いですね。4本マスト船となると6隻しかなく、しかもそのうちの2隻が日本の練習船、日本丸と海王丸だったりします。この4本マスト船は全長100m以上の大型船での採用がほとんどで、今のDOLで言う所のクリッパーや大型スクーナーは全長50~60mがいいことかと思うので、本当は3本マストでもいい気がします。あ、なんとなくバランスが崩れている気がするのはそのせいか・・。あのマストの位置だと各ステイスルを張る部分が狭く感じるし、フォアマストが前に行き気味でミズンも船尾にやや近くなっちゃってます。



2)帆装形式
分類2・帆


ここは結構まんべんなく有りますね。
DOLでいうとクリッパー系はSHIP、ガレオン系はBARQUEが基本形となってます。
恐らくこのBARQUEが最も汎用性が高い帆装ですし、
もともとこの言葉はうちの家名にも通じるBarca-longaの短縮形と言うこともあり、
帆装の中では好みかなぁ。
日本丸・海王丸は4本マストのバーク船です。



3)就航年代
分類3・年代


19世紀の6隻を始め、意外に第二次世界大戦以前の船が残ってるのが判ります。
残存数は29。
今世紀中に何隻が残る事でしょう。
それからオイルショック時代の1970年前後の船が少ないのも目立ちますね。
そして現代、結構新型船が投入されているんですねぇ。
ただし今世紀に入っての登録がない・・。
この中でも日本丸・海王丸は設計が新しく、
規模・速度・装備類など現役の中ではほぼ最高の性能を持った船だったりします。



4)モデル船
こうしてみると、3本マスト・バーク型・1921~1940年就航ってのが、
集計した中では基準になりそうです。
では実際これに当てはまる船は・・・、
っと5隻ありますね。

EAGLE      U.S.A     1936年  3本  BARQUE   全長89.9m   全幅11.9m

MIRCEA      RUMANIA     1938年  3本  BARQUE   全長82.1m   全幅12.5m

PICTON CASTLE NEW ZEALAND    1928年  3本  BARQUE   全長53.6m   全幅7.3m


SAGRES      PORTUGAL     1937年  3本   BARQUE   全長89.6m   全幅11.9m


TOVARISCH      UKRAINE     1933年  3本   BARQUE   全長82.1m   全幅11.9m


この中で経歴として面白いのは③のPICTON CASTLE号。元々はウェールズの底引き網漁に使用されていたのが、第二次世界大戦時になると英国海軍に徴用され、機雷除去船として掃海作業に投入された経歴も持っています。一時は北朝鮮で使用されていたり船名が違っていたりと変遷ありましたが、いまはニュージーランドで学校の練習船として使われているようです。(翻訳いまいち読めてないので怪しいけど)
それから④のSAGRES号。 帆の紋章見て分かりますが、ポルトガルの帆船です。この船は横浜などにも来てるしかなり有名な帆船ですよね。船名の由来はエンリケ航海王子が設立した世界初の航海学校があった岬の地名から。紋章も大航海時代のポルトガル船が採用したマルタ十字の一種(大航海シリーズのフェレロ家もこれ付けてる)ですからかなり大航海時代意識してますねえ。


他にもまだまだ現代に残る歴史的帆船はありますが、
この中から将来DOLで登場してくるような船があるでしょうか。
ちょっと楽しみ。



おしまい。


FC2ランキング02
 
↑押してって下さいなー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/09/25(木) 23:58:28|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<草原の興亡 その27 | ホーム | バルセロナ伯(自称>>

コメント

現代の(っていっても1900年前半とか)帆船も美しいですわね。(´ω`)
横浜市民だけど、未だに日本丸の帆降ろしたところ生で見たこと無かったりします。

…こう、数値と比較するとDOLのイルカってやっぱりデカイですわね。笑
  1. 2008/09/26(金) 00:22:10 |
  2. URL |
  3. pepe #-
  4. [ 編集]

pepeさん>>
ちなみに、みなとみらいのメモリアルパークにある先代の日本丸の総帆展帆、次の予定は明後日の9/28(日)だったりしますね。 あとDOLのイルカは鮫が来てもまったくひるまないから、あれは中身シャチじゃないかとすら思うんだが・・・。
  1. 2008/09/26(金) 17:46:49 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

今年最後の総帆展帆

こんにちは、マリィナです。

明日は今年最後の総帆展帆ですね。スパンカー見るだけで大興奮だったりします(笑)
海の日の総帆展帆は壮観ですよねー。

4月下旬には長崎で帆船祭りと言うのもあります。一度いってみたいものですがー…。
  1. 2008/09/27(土) 12:04:53 |
  2. URL |
  3. マリィナ #hn7S5JsQ
  4. [ 編集]

マリィナさん>>
あの高いマストやヤードのてっぺんまでよく登って作業できるものだと感心するけど、苦労して帆を上げ下げしたりする光景を見ると、DOLでの戦闘中の船の動きはギャップがすごいあるのよねー。
  1. 2008/09/28(日) 20:45:57 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/637-2234fc1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。