打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

草原の興亡 その29

カタラウヌムの戦い 中編


今回から2回に分けてカタラウヌムの戦いの経過とその後を書いてゆきます。
この戦いを下書きしてたらテキスト5000字以上(原稿用紙20枚分)とかになってたので3分割&圧縮気味に書き直しました・・。あと適宜経過図を入れつつ進めますね。

このカタラウヌムの戦場、地形としては、両軍の側面を流れるセーヌ川と中央部の横にある丘が特徴となります。特に中央の丘を先に制した方が明らかに有利になると見えますから、両軍はここを中心に対峙します。また東側は川があるためこちらから回り込まれて側面攻撃や包囲を受ける心配は少なく、戦術的には正面か西側を崩す必要がありそうです。(ただし近世ヨーロッパではこの裏をかいて川のほうから突破した作戦もありますね)
地形と戦闘開始前の布陣はこんな感じ。

カタラウヌム経過図02

ローマ連合軍
(左翼)
アエティウス率いるローマ軍の騎兵
フランク族のメロヴィク率いるフランク歩兵

(中央)
前衛にシンギバン率いるアラン族の部隊
後衛にローマ重装歩兵

(右翼)
テオドリック王の率いる西ゴート軍

※これに、予備としてテオドリック王の息子トリスモンドが率いる西ゴート騎兵を左翼後方に置いていました。そして全体の陣形はやや右下がりの斜行陣に。


フン族連合軍
(左翼)
東ゴート族らの混成部隊。つまり正面で西ゴート族と対峙することに。

(中央)
アッティラ率いるフン族の本隊。
アッティラ自身はやや後方にいる形の、この中央部は数段もの分厚い横隊を作っていました。

(右翼)
ブルグンド族・ゲピート族・フランク族の一部・フン族らの混成部隊。

更に、先に戦場に着いたフン族側はこの後方に円形の陣地を作ってあります。
またアッティラ率いるフン族連合軍はアエティウスのローマ軍の1.6倍もの兵力があり、3隊に分けた全体が厚い横隊を形成して隙がない陣形を取っていました。後から戦場に着いたアエティウスが斜行陣を作ったのも、この状況を見てまともに正面から当たっても勝機は少なく、まず相手を崩す事が必要だと考えての布陣と思われます。

この戦いの推移は、陸上自衛隊の陸将補だった松村氏の研究資料を参考にしています。
両軍の編成・陣形などウィキペディアなどの表現とは異なる部分がありますのでご注意下さい。


戦闘開始。
と同時にアエティウスが予備として置いていたトリスモンド王子率いるの西ゴート騎兵が中央の丘を先取します。しかしアッティラ率いるフン族連合軍の前進は止まらず、この中央の丘を置き去りにして両軍は激突します。
まず、中央のフン族前衛がローマ軍前衛のアラン族を攻撃し、数と装備の劣るアラン族はほとんど崩壊寸前まで押し込まれますが、後ろに控えていたローマ重装歩兵がこれを支えて中央突破を防ぎます。
次に、斜行陣の中央が押された事で今度はローマ軍右翼の西ゴート軍とフン族左翼の東ゴート軍がぶつかり激戦となります。こちらは西ゴート軍が優勢で次第に東ゴート軍を押してゆきました。
更にアエティウス率いるローマ軍左翼は相手より少数ながらもさすがに精鋭で、戦闘開始と共に次第にフン族右翼を圧迫して中央の丘を守っている西ゴート騎兵との連携を目指します。ここまでの戦局は数で勝るはずのフン族連合軍の左右の働きがやや悪く、まだ五分といった所。例えばここで中央のローマ歩兵が敗れればフン族連合軍は一気に優勢になった可能性もあったでしょう。

数時間後、両軍の被害は甚大なものとなっていました。
特にフン族弓兵の射撃力はやはり驚異的で、防御力に優れているはずの中央のローマ軍歩兵と前衛のアラン族の部隊は大きな損害を出していました。
更にこの時点で既に西ゴート王テオドリックが戦死。
開始から半日足らずの戦闘で両軍ともに1割以上の損害を出しており、この戦いは翌日に持ち越すかと思われた頃、アエティウスが動きます。
この時点ではだいたいこんな形になっていました。

カタラウヌム経過図03


次回はこの戦いの終盤とその後を見る予定です。
原稿はもう書けてるので、明日は経過図が出来次第更新します。


おしまい。


FC2ランキング02
 
↑今週はシリーズ前半の山場!?

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/10/04(土) 18:34:41|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<草原の興亡 その30 | ホーム | 草原の興亡 その28>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/641-484b502a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。