打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

草原の興亡 その31

カタラウヌム以後


4回に渡って見てきたアッティラ編も今回で最後です。
週末に一気に書き上げた分で3日連続の更新。

さて、戦闘自体は両軍合わせて5万人程度だったカタラウヌムの戦い、
結果として古代末期のヨーロッパにとって大きな影響を及ぼします。
なにしろここの参加者の多くが次の時代の主役となって来るのですから。
しかしそれは、アッティラでもアエティウスでもありませんでした。


フランク王国
まず、ローマ側でこの戦いに参加していたフランク族の指導者メロヴィク。この人物、実はこの戦いの30年後にメロヴィング朝フランク王国を建てる事になるクローヴィスの祖父でした。この戦いに功績の大きかったメロヴィクはライン川河口付近の領有を正式に認められてフランク族内での地位を確立すると共に、ライン川下流域で勢力を拡大するなどして、後のフランク王国成立の基礎を作ります。


西ゴート
次に西ゴート王国。テオドリック王が戦死したとは言え、ローマの同盟者としての役割を十二分に果たした彼らに対しローマ側は信頼を篤くします。この状況を利用してか、テオドリックの跡を継いだトリスモンドの系統は西ローマ末期~滅亡後にはボルドー周辺からイベリア半島へも勢力を伸ばします。この西ゴート勢力は後にイスラム勢が侵入してイベリア半島の大部分を制圧してからも一部は北に逃れるなどして存続し、この西ゴート勢力の流れが後世のカスティーリャ王国の淵源となったのでした。カスティーリャ王国はレコンキスタを勝ち抜いて大航海時代にはスペイン王国成立時の一方となるのですから、大航海時代としての視点からも無視できないですね。


ヴェネツィア誕生
一方、ガリアから撤退した後のアッティラですが、まだまだ余力を残していました。
この戦い直後の452年に北イタリアを狙ってアドリア海の最奥部にある重要都市アクィレイアを包囲したあと、北イタリア全域を荒らし回ります。ミラノ・ヴェローナ・クレモナ・ピアツェンツァなど後世にも残る諸都市が次々と陥落し、首都ラヴェンナはローマ司教のレオ(教皇レオ1世)が交渉に赴いてなんとか逃れたのでした。(教皇レオの徳の高さと熱弁によって、ではなくたぶん賠償金を払うことで)
そしてこの時、アッティラの包囲から逃れたアクィレイアと周辺の住民は、
アドリア海上の浅瀬というか干潟地帯に避難し、次第に住みつくようになります。
そう、この集落が後のヴェネツィアの原型となったのでした。


東ゴート
さて、451年にガリアから撤退した後もフン族は広大な版図を維持していました。
翌452年には北イタリアを襲っているのですからカタラウヌムの戦いが大して痛手ではなかったのが伺えますが、翌453年にアッティラが急死すると急速にその勢力を衰えさせます。455年に跡を継いだエラック率いるフン族がネダオの戦いで東ゴート・ゲピート連合軍に大敗したのは北イタリア遠征で疫病と飢えで大きく消耗しているのも影響しているでしょうが、結局アッティラという英傑を失った事で政治勢力としてのフン族の王国は事実上瓦解し、これ以後は歴史上から姿を消します。恐らくフン人そのものはハンガリーを中心とした東欧の広い地域に生活していたと思われますが、その足取りをたどるのはちょっと無理ですね。

それからこの戦いの後のヨーロッパ情勢ですが、まず西ローマを救ったアエティウスはこの戦いの3年後に皇帝ヴァレンティニアヌスに暗殺され、名将アエティウスを失った西ローマはその22年後、ゲルマン系の傭兵オドアケルに皇帝ロムルスが廃位させられて滅亡します。一方東ローマでは、最初にフン族に制圧された東ゴート族が勢力を伸ばして東ローマの脅威となってくるのですが、これはまあヨーロッパ史ですし、東ゴート関連は商会長のめけさんが詳しく書いてますのでそちらを参考にして下さい。



あとがき
こうして、はるか東からやってきたフン族の侵入により、西ヨーロッパは古代ローマ体制が崩壊して中世へと転換してゆきます。同時にフン族の勢力がその核を失った地中海沿岸を除く東ヨーロッパでは政治的な空白地帯が生じ、東ゴート・アヴァール・ハザール・ブルガールなどいくつかの騎馬遊牧民が興隆を繰り返してゆきました。

さて、草原の興亡シリーズもようやく古代編が終了に。
このあとちょっと時間を置いて歴史に消えたフン族とそのルーツ、
そして現代との関連など、
いまだに良く分かっていない謎な部分に言及できたらと思いますが、
いったんここで一区切りとします。
このあと中世期の中央アジアについてはもう少し資料当たってから構成考えようと思います。
一応ソグド人あたりから書こうかなと考えてますが・・・。
んー、DOLで内陸実装してくれたらなー。

とりあえずここまでお付き合い下さった読者の方々、お疲れさまでした。



おしまい。


FC2ランキング02
 
最後にぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/10/06(月) 07:48:48|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今年のF1日本GPは・・・ | ホーム | 草原の興亡 その30>>

コメント

>アドリア海上の浅瀬というか干潟地帯に避難し、次第に住みつくようになります。

この話については最近の学説で異論が唱えられています。
年代記者ポルフィロゲニトゥスはポー川河口の干潟
を不毛の地としていますが、最近の発掘によると、
当時は水路で区切られた農地だったと考えられています。

現在のような干潟になったのは6~9世紀の間に
何らかの自然災害が原因で形成されたと推測されています。
  1. 2008/10/06(月) 21:56:06 |
  2. URL |
  3. アーカントス #-
  4. [ 編集]

提督>>
面白いので出来ればもう少し詳しい情報求む~。

まず、ポー川の河口って今のヴェネツィアの町より70kmくらい南にあるけど、関連性を言うとなると昔はお互いもう少し近かったのでしょうか?

それから『水路で区切られた農地』 というのは、元々は完全に陸地だったと見ているのか当時既に人工的に干拓されていたって見解なのか良く分かりません。普通なら川から運ばれる堆積物でだんだん湿地~陸地になっていくと思うわけで、いずれにしろちょっと面白い話ですね。
  1. 2008/10/06(月) 23:13:40 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/643-9cbe6e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。