打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

基礎資料の購入

本と言うか資料の紹介


今回取り上げるのは、大航海時代の関連図書としてはたぶん最大の書籍群です。

普通のMMO系ブログってのはその世界内のプレーに関する日記、情報、考察が基本となって構成されるものが大多数と思われます。実際例えばFC2ブログのMMOカテゴリ見ても恐らく80%以上がこれ。私の所でいうと活動日誌に当たる部分がそうですね。

これがDOLに関していえばやや特殊で、地理・歴史・宗教・美術・生物といった学術的な部分を世界内で扱っているせいでそっち系の一定需要があるし、書き手も読み手も知識的なものを好む層が普通のMMOより結構多いと思われます。
いや、別に学術的なものに限らず
そもそもブログを書く人数がどう考えても他のMMOより多い。

こういう異色な世界において、
書く記事の半分以上がプレーしている世界の中以外の事柄を扱っている、
知的好奇心を追求するかのようなブログがいくつかあります。
私のところもその末席に位置するものの一つでしょう。
違うといわれても困る・・。

で、他の方がどうやって書いているかは不明ですが、基本的に私の場合WEB上から情報引っ張ってくるものより、実際に手元にある資料読み込んで、自分の中の基本的な知識・思考と合わせて構成・記述する事が結構多いですね。そのため新たに資料を買ったり自宅にある本を持って来るうちに結構な量の書籍がたまってくる事に。その中でも、自分がここ1年間で購入した関連書籍・資料で最も分量・質的に役に立ったのがこれ。

『大航海時代叢書』 岩波書店


大航海時代叢書42冊

Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ期合せて全42冊、
届いたときにダンボール5個口だったのはちょっと笑う他なかった。
さすがに30年以上前の本ですから函はやや焼けていたものの中身はほぼ未使用で、
初版が1965年頃~とかなり前の古書ですが結構いい値段しました。
でも、この 『大航海時代叢書』 の全冊を買えたのはでかい。
そもそも普通はこれ図書館で貸し出し受けて読むべきものでしょう。値段的にも新刊だと1冊6,000~7,000円とかするのを1/3以下で買えましたし、なによりいま絶版ですから買える時に買えて満足。
内容的にも当時の人の記述+解説・補足なども相当に細かく記載されており、トータルの資料価値としてはたぶん日本で読める大航海時代の関連書籍では最も充実してるんじゃないかと思います。

収録内容は以下の通り。


【第一期】
01.航海の記録        コロンブス、アメリゴ、ガマ、バルボア、マゼラン
02.西アフリカ航海の記録 アズララ、カダモスト
03.新大陸自然文化史 上 アコスタ
04.新大陸自然文化史 下  〃
05.東方諸国記        トメ・ピレス
06.シナ大王国誌       メンドーサ
07.フィリピン諸島誌     モルガ
08.東方案内記        リンスホーテン
09.日本教会史 上     ロドリーゲス
10.日本教会史 下      〃
11.日本王国記、日欧文化比較 ルイス・フロイス
12.概説 年表 索引


【第二期】
01.ヨーロッパと大西洋 マガリャンイス、ピガフェッタ
02.アジア史1       ジョアン・デ・バロス
03.アジア史2           〃
04.エチオピア王国誌  アルヴァレス
05.ムガル帝国史、ヴィジャヤナガル王国誌
06.イエズス会と日本1
07.イエズス会と日本2
08.中国キリスト教布教史1 
09.中国キリスト教布教史2
10.東インド諸島への航海
11.オランダ東インド会社と東南アジア
12.征服者と新世界
13.ヌエバ・エスパーニャ報告書、ユカタン事物記
14.ヌエバ・エスパーニャ布教史
15.インカ帝国史        シエサ・デ・レオン
16.ペルー王国史       ペドロ・ピサロ
17.イギリスの航海と植民1
18.イギリスの航海と植民2
19.フランスとアメリカ大陸1
20.フランスとアメリカ大陸2
21.インディアス史1      ラス・カサス
22.インディアス史2        〃
23.インディアス史3        〃
24.インディアス史4        〃
25.インディアス史5        〃


【第三期】
01.インカ皇統記1
02.インカ皇統記2
03.メキシコ征服記1
04.メキシコ征服記2
05.メキシコ征服記3


この中にはDOL世界内でもNPCとして登場している人、何人かいますね。
それにしてもこれだけあると順番に読んでたら1~2年掛かるな・・・。
読んでる間に造船と操舵上げしてたらカンストする気がするw
まあ、資料として気になるジャンル・書きたいテーマがある時に、
該当しそうなものを引っ張り出して読む感じになるでしょうか。
例えば前回のエンリケ物語は、
ここの第二巻に収録されていたギネー発見征服誌と航海の記録を参考にしていました。
この先たぶんアジア史や中南米関連のテーマを扱う可能性があることを考えると、
このへんが充実してるこの大航海時代叢書シリーズ、ぜひ手元に置いておきたかったんです。


とりあえず変わった事といえば、
部屋がまたちょっと狭くなりました・・・。



おしまい。


FC2ランキング02
↑最後にぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/12/07(日) 10:59:19|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<年末大海戦始末記 | ホーム | 慧眼>>

コメント

うわ !こんな本あったのか!

すげーほしぃ!
  1. 2008/12/07(日) 11:25:36 |
  2. URL |
  3. アーセナル #-
  4. [ 編集]

うらやましー! しかも総額はともかくかなり安めに手に入れられたようでまたなにより。私もいつか揃えてみたい…

この際だから、数年前に出た世界周航シリーズも揃えちゃいましょうよ。私とりあえずラペルーズの巻だけ持ってますが、17~18世紀の探検航海もまた面白いものですね。
  1. 2008/12/07(日) 13:18:10 |
  2. URL |
  3. サラバント #9RWFGrvA
  4. [ 編集]

初版1965年…良い感じに焼けた函が、時間の流れを感じさせますね
  1. 2008/12/07(日) 18:26:14 |
  2. URL |
  3. uni #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

アーセナルさん>>
1冊単位なら結構1000~2000円台からでも売っている場合があるので、
読みたい所だけ買って見るといいかもですね。


サラバントさん>>
同じ岩波の17・18世紀シリーズは実は1冊もっているんですが、内容は面白いものの大航海時代の資料的にはあんまりなんですよねえ。買うのは古書だと2万程度で全部揃うので問題ないですが、とりあえず買ったもの先に目を通してから検討するくらいでしょうか。


uniさん>>
状態いいのだと揃いで12~13万するんです・・・。
でもちょっと焼けてるくらいが雰囲気あるかもと思ったり。
  1. 2008/12/08(月) 07:44:37 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/691-bc319dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。