打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

リアル超危険海域

といえばここ


ソマリア。
と聞いて国名・位置は知らなくても、
大航海世界ではモガディシオのあるところ、といえばご存知でしょう。

アデン湾~モガディシオ周辺まで、
いまここは世界でも最も危険な海域として世界中から治安維持のための艦艇が派遣されて任に当たっています。来年には恐らく日本の自衛隊も法案成立を待って現地に向かうことになるでしょうが、外務省や国際機関から出されている現地の情報はかなり寒くなるものを覚えます・・・。



①UNOSAT

UNOSAT(国連衛星プロジェクト)から出ている
ソマリア周辺における海賊発生状況の地図を出して見ます。

ソマリア2008
(原寸は1024×1448)

黒が海賊の攻撃を受け、ハイジャックされた箇所
赤が海賊攻撃を受け、ハイジャック未遂となった箇所
黄が海賊による疑わしい行動が見られた箇所
緑が海賊により誘拐された箇所

などなど・・・。

地図を見ると各国海軍の艦艇が展開しているのも見えるのですが、まだまだ数が足りてない模様。
なかには海軍の艦艇に攻撃を掛ける海賊というか過激派もいて、
まさに超危険海域・・・・。



②外務省

外務省から出ているソマリアの渡航情報はこんな。(一部抜粋)

ソマリアに対する渡航情報(危険情報)の発出(2008/09/02)

 ●全土
    :「 退避を勧告 します。渡航は延期してください。」(継続)


1.概況
(1)ソマリアでは、全土を実効的に支配する国際的に承認された政府が存
  在しない状態が続いています。1996年後半より行われた和平会議等を経
  て、2004年以降隣国ケニアにおいて新暫定政権の樹立・組閣が行われ、
  その後、ユスフ暫定大統領を中心とする暫定連邦政府(TFG)が成立し
  ました。同国では、2006年6月に、イスラム法廷連合(UIC)が首都モガ
  ディシュを占拠し、その後、ソマリア中・南部一帯にも勢力を拡大しま
  した。これに対し、同年12月には、エチオピア軍の支援を受けたTFG軍
  はモガディシュを奪還しソマリア南部地域もほぼ制圧しました。しか
  し、イスラム過激派勢力はTFG軍に対し徹底抗戦を表明し、各地で爆弾
  攻撃が行われ市民を含む手りゅう弾・重機関銃・対空機関砲等を使用し
  ての反TFG組織とTFGとの抗争は衰える気配はなく、現在の治安状況が改
  善される状況にはいまだありません。

(2)外国人に対する殺傷事件、誘拐事件がソマリア全土で発生していま
  す。本年7月には国際機関職員が射殺されたほか、6月には国際機関職員
  が誘拐されるなど、外国人を標的とした殺傷事件、誘拐事件が増加して
  います。反TFG組織は、TFG側とみなされる者には攻撃も辞さないとの声
  明を出しています。

(3)ソマリア沖では、外国籍の船舶が銃撃、拿捕される事件が相次いで発
  生しています。本年4月には日本船籍のタンカーが海賊からロケット弾
  で攻撃を受け、船体に被害を受ける等、ソマリア沖では重装備した海賊
  による船舶への襲撃・乗っ取り事件が増加傾向にあり、本年に入って30
  隻以上の船舶が被害に遭っています。

(4)ソマリア北部では、ソマリアから一方的に独立を宣言したソマリラン
  ドと自治権を主張しているプントランドとの間で境界線をめぐり、たび
  たび衝突が発生しています。

(5)以上の状況を踏まえ、依然としてテロ・誘拐等が各地で多発している
  ことに十分留意し、ソマリアに渡航することは、どのような目的であれ
  絶対に見合わせてください。また、既にソマリアに滞在されている方
  は、最新の情報の入手に努め、十分な警備措置を講じた上で直ちに同国
  から退避されるよう改めて強く勧告します。

2.その他注意事項
(1)ソマリアには、日本の在外公館のみならず、主要国の大使館は設置さ
  れておらず、また日本が承認した政府も存在しないため、事件・事故が
  発生した場合、日本政府が現地において迅速な対応をとることは不可能
  です。万が一、事件事故等に巻き込まれた場合には、ソマリアを兼轄し
  ている在エチオピア日本国大使館に連絡してください。ただし、確立し
  た政府の存在しないソマリアとの調整は、極めて困難な状況にあります
  ので、御留意ください。

(以下略)




一部の地域で退避勧告が出ている国は他にもあるのですが、
全土で退避勧告が発せられているのはざっと見た所ではここだけ・・。

『ソマリアでは、全土を実効的に支配する国際的に承認された政府が存在しない状態が続いています。』

これがすべてを物語ってるんだが・・・。

単純に海賊の発生状況を件数で比較するなら、マラッカ海峡を擁するインドネシアや政情不安な国の多い西アフリカ周辺などもけっこう多いのですが、重火器装備で大型船も攻撃、場合によっては海軍の艦艇も攻撃対象としてくるのはソマリアと対岸のイエメン付近がダントツに多いようですね。
こういうの見ると日本とか法案通すの通さないのって内側でもめてる状況じゃないんだけどなあ・・・。



んでまあ、
大航海時代ONLINEにおける海賊行為はもちろんその世界の中でのRPですし、
海賊の人がいなければDOLの世界はたぶん相当につまらないものになってしまう。
そもそも歴史的に見たら、
海賊・武力行為は騎士・王侯にとっては商業で利を得るよりも正当な行為と見る考え方もありますしね。

でもまあ、これは頭ではそういう個人的な見解持っていても、
現実とゲームの世界を混同するのはナンセンスと知りつつも、
こういう行為についてはなんとなく忌避してしまうんですよね・・・。



おしまい。


FC2ランキング02
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/12/30(火) 09:28:04|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シャムタヤ海賊!? | ホーム | Chapter5 『オスマンの脅威』 記事まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/707-18b76aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。