打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スエズ運河と名産距離

交易品を運べる仕様を考えて見る


2月17日のアップデートで始まるCP5・オスマンの脅威。
オスマン所属となるにはいろいろ条件付けされてるようですが、
スエズの運河勅命を達成することがその条件の一つに上がってるらしいですね。

んでこのスエズ運河、パナマと同じく人の移動のみで交易品は運べない設定らしい。
『オスマン籍はスエズ運河で交易品を運べたら良かったのにー』
って声がどうもあちこちで聞こえるのですが、その場合って東地中海からインド洋、インド洋から東地中海に運んできた交易品、特に名産品の判定はどうなるのでしょうか?あと価格は?
この辺をゲームバランス崩さないよう調整してからでないと実際の所導入できないんじゃないかと思うんですよね。ではどの辺が問題でどうしたら大きくバランス崩さないで導入できるかってのをちょっと考えてみようかというのが今回のお話。

まず現状では、東地中海とペルシャ・インド方面の名産距離は7~11くらい。
でもこれあくまでも西アフリカ>東アフリカと回って来た時の距離計算です。
利益はトルコ絨毯・ダマスク織などの織物系でだいたい数千Dって所でしょうか。

これで船1隻、例えばダマスク織やトルコ絨毯を800個積んで紅海近辺で売ると、
利益=3000~5000×800=2.4~4.0Mくらい。
経験=ばら売りした場合で、
   LV50の人で利益2500+名産2800=5300前後
   LV60の人で利益2000+名産2500=4500前後

運河の片道時間にもよりますが、東地中海/運河/紅海なら30分程度で行けるんじゃないでしょうか。オスマン籍だと運河の時間と料金が優遇されるらしいのでこの点も有利。んで帰りは帰りで何か高額商品積めばいいのでけっこう楽な航路が出来てしまいそうな気がします。たぶんこれ結構控えめな予測なので交易センスあるひとはもっと効率のよいこと考えるんじゃないでしょうか。
だけど、こんな感じでもし交易品積んだまま使える運河が出来たおかげで隣接海域に近い利用が出来るとなったら、仕様の抜け穴的に経験・名声・利益それぞれ著しくバランス欠くものになる超優良航路になっちゃう恐れは無いでしょうか。いあ、西地中海まで目を向けたらベルベットがありますし、マスケット銃もその対象ですね。

では、もしスエズ運河で交易品を動かせる方向で調整しようじゃないかと言う事になったとして、
どうやったらゲームバランス崩さずに導入できるのでしょうか?
仮定の話に仮定の条件付けるのですからもはや妄想の領域ですねw


 
 <①名産距離の見直し>
『私もう交易LV65だから名産経験なんて別に関係ないけどぉ』
なんて観点だとそもそも見ないで構いません。
確かにスエズの運河勅命やれるまでになる時点で中級者以上でしょうから、
稼ぐ手段・実力を持ってるでしょう。
んじゃLV制限が70になったらどうします?
楽してLVと名声が上がる手段があるとしたらどうします?
上記くらいの数字は経験だけなら羽毛やベルベット織でもそれ以上行けるでしょうから特に目くじら立てるほどでないと思うかもですが、ただ、ヨーロッパ圏が絡むお手軽手段と言うのはちょっと危険かなと。

新規で始める人の支援・サブキャラ以降の育成する人も当然いるわけですし、現状の仕様のまま導入すると交易で得られる経験・名声がえらいことにりますので、まずこれは修正対象の議題に上げることになりそう。
だけどこれをやると地中海と紅海だけの距離関係じゃなくて、例えば南アフリカのようなアフリカ西岸周りでもスエズ運河周りでも距離が同じような地域との関係がどうなっちゃうのか、あまりに複雑すぎて実際は見直し調整するのは無理な気がします。


<②売却価格の調整>
かつていくつかの代表的な近距離交易をつぶす時にも使われた価格調整。
価格をいじるのは高額商品だと確かに有効ですが、利益率が異常に高い香辛料とかだと効果が薄い事、それからちょっとでも利益出る場合は名産距離が結構あるので安直なLV上げに使われる可能性は残ります。またあんまり価格調整をやりすぎるとまともにアフリカ回ってくる人が全く面白くない交易になりますし、東南アジアへ行くため運河を時間短縮の手段にするだけの場合だと効果ありません。


<③交易品に関税を掛ける>
通行税と言ったほうが正確でしょうか。
例えば1個1000で買った商品に100%関税掛けて@1000払わせ、原価は2000になる。
実際にお金払わせなくていいから原価上げるだけでも使えそうな気がします。
②に近いですが、これは近距離以外の地域から持ち込まれた交易品にも効くのである程度使えるのが異なりますね。まあ利益率が異常に高い香辛料だと例え1000%関税でも結構利益出ちゃうので効果は限定的かもですが、そもそもこのルートは陸路を制しているオスマン商人が独占して来たものですから、オスマンと契約した人だけ関税払えば運べるとしたらメリット出るかもしれませんがどうでしょう。なんだか頭の中だけで書いてるので破綻してる気がしないでもないけど・・。そう言えばかつての大航海Ⅲなどでアレクサンドリアやアンティオキアで高いけど香辛料買えたような、そんなイメージです。


<④運河の通行時間で調整>
パナマの例を見ると、通行時間はだいたい15~20分くらいでしたでしょうか。
達成状況で変わるし小国は短かった気がします。

15分でインド洋方面に移動出来るなら冒険楽ですねえ。
アレク→バスラとか行かされるやつは恩恵でかいなw
なんとなく冒険者がいちばん恩恵受けるの大きいような・・・。
船が速くなった今では20分あれば結構遠くまで移動できるので運河時間の5分10分は結構長く感じますよね。


<⑤配送品クエストの報酬調整>
カテ収入ってのもけっこう馬鹿になりません。
で、アテネあたりに持ってくクエストは名産距離と同じく西地中海へのものより枚数多いわけですから、そのままだと運河料金払ってもクエ回すだけで採算取れるなんて事だとバランスおかしくなりそうです。(あ、そうなるとアレクの商館に商品置くことに意味が出るかもw)


ぱっと思いつくのはこんなところですが、
いずれにしても導入するにはかなりの調整シミュレーションが必要ありそうなものの、
実現したら各人頭をひねって生産・交易のルート考えるような機会が生まれそうで
そう考えればこの先の可能性としては要望出すだけの価値あるんじゃないでしょうか。


追記)
スエズ運河ってそもそも帆船航行出来ないんですよね。
幅は狭いし確か無風になりやすい地帯なので。
史実だとそれが帆船衰退の大きな要因にもなったと記憶していますが、
これを逆手にとってガレー船なら航行できると考えたらガレアスにも再び日の目を見る時が、、、
なんて記事を、ラフロ実装で勅命なんて概念が出るよりずっと昔に書いた覚えがあります。
こういうのも取り入れると複雑だけどいろいろやりようはあるんじゃないでしょうか。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/01/27(火) 00:18:03|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<地理ゲー | ホーム | イスパニア物語 その13>>

コメント

商大ガレオンでえっちらおっちら宝石運んでいたのを思い出してしまった・・・あの時は世界が広く感じました・・・(チャットだけが頼りで寝落ちも多々ありました 爆
遠くに来てしまったなぁ・・・遠い目 苦笑
  1. 2009/01/27(火) 08:16:42 |
  2. URL |
  3. アンチャ@ #-
  4. [ 編集]

アンチャさん>>
昔と比べたら乗れる船も船自体もスピード上がってるから、アフリカ回るのもいつの間にかそんなに苦でなくなって来てる中でのでのオスマン実装。正直なところ2年前にやってくれればかなりインパクト有ったと思うんですよね・・・。
  1. 2009/01/30(金) 15:20:12 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/728-de0fe974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。