打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

打倒ローマへの道 第7日目

ローマ攻略の検討 その1


今回からは、『問題点④攻城戦への不安』 を検討してみたいと思います。
実際のところ、途中で相当な勝利を重ねても、最終的に攻城戦をクリアできなければ和睦以外の勝ちは無いでしょう。 現にハンニバルは序盤でティチーノ→トレッヴィア→トランジメーノ→カンネー と勝利を重ね、合計で10万人前後の戦死者・捕虜をローマに強いていますが、最終的にはローマを落とすことが出来なかったため(攻城戦も行っていない)イタリアから撤退しています。普通の国ならもうここで滅亡していて不思議じゃないのに、ローマは成長途上の国家の活力の様なものか分かりませんが克服しています。

ではなぜ序盤の連勝という最大のチャンスにローマを攻めなかったのかと言うのは、それこそ歴史に与える影響を考えると重大な分岐点だったと云えます。ハンニバルの心理は分かりませんが、状況を整理して問題となりそうな点をクリアする方策を検討していきたいと思います。 

(対ローマ攻城戦の不安点)
①単純に兵力の不足
②ハンニバル軍の構成と適正の問題
③攻城戦兵器の不足
④長期包囲戦を行う上での補給路の問題
⑤整備された道路網による、他都市からの援軍の襲来
⑥長期戦を行うことによるカルタゴ本国の政治的圧力
⑦攻め落とす以外の攻略方法の検討
私が取り敢えず思いつくのがこの辺です。

このうち①と④の補完として、前回に増援と補給路の確保を行うことを検討しています。⑥は実際に影響あったかも知れませんが、以前問題点②で検討したようにカルタゴ本国が総力を上げて協力するのが前提なのでここではクリア出来ているものとして進めます。(但し余りに時間が掛かるのは、やはりいずれマイナスに働くでしょう)

①の兵力不足ってのは、当初の持ち兵が少なくても勝ち戦を続ければ雪だるま式に味方が増えていくのが普通なのですが、実際に味方してきたのは北イタリアの蛮族の一部と少数の都市だけで、ローマと同盟都市に限ってはこの常識が通用しませんでした。

②の補足ですが、ハンニバルの軍は主力の重装歩兵と軽装の傭兵以外はガリアやヌミディア騎兵の比率が高い構成でした。だからこそ歩兵で敵主力を引き付けつつ騎兵が機動力を活かした包囲戦術を行うって云う戦いが可能となるのですが、一方で騎兵は攻城戦向きの兵種ではありません。用途として広い範囲を哨戒する事は出来るでしょうが、城壁を攻める用途には期待できませんし、馬はなにより糧秣を大量消費しますので長期戦では補給の問題もあります。ということで、カルタゴ本国からの増援は、ある程度攻城戦向きに歩兵・工兵主体の編成が必要と思われます。

⑤の増援の可能性については、充分考えられることで逆包囲を防ぐためにも主要ルートを押さえるなどした孤立化を図る等の対策が必要です。

残ったのが③と⑦です。③と⑦は終わり方にも繋がる事なので、それぞれ次回以降に別個の記事にまとめます。


おしまい。


FC2ランキング02
応援クリックよろしゅうに^^
  1. 2006/07/02(日) 23:31:40|
  2. 打倒ローマへの道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<打倒ローマへの道 第8日目 | ホーム | オスロにて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/74-a94037a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。