打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

雑記帳

予定は未定


(修行中)
先月あたりから造船修行やってます。
現在のところ、11500/14400くらい。
R1からの熟練度だけで見ると60%くらい進んでる計算なのですが、
だんだん貰える熟練が減ってるので実質だとまだ半分も来てない感じがしてやや気が遠くなるw
えーとなんだ、サム換算で@1000隻ほど。
だいたい1日10隻目標にやってるので終わるまで3ヵ月半くらいってとこでしょうか。
その頃にはもう夏ですね、それまで続くか甚だ怪しいなあ・・。

でもまあ、やってて思ったのは、これ私のプレースタイルには合ってるかも、と。
普段からDOLしてる裏で本読んだりビデオ見たりブログの原稿書いてることの多い『ながら』プレイヤーですし、造船しつつ他の生産キャラにその日売るもの作らせてリスボンでバザーしてますのでそれなりに稼いでいたりもします。
ああ、造船で貰ったロットの中身も売ればいいのか。
マニラでやってるとカテ3・4と名匠仕立てがどうにも貯まってくるんですよね。

明日はいよいよ企画した商会イベントの実行日なのでいったん帰る予定。
普段みんなバラバラで動いてることの多い商会なので楽しみ。



(停止)
同じ造船の話ながら、こちらはちょっと気の毒過ぎる話。
下手に検索に引っ掛かってもあれなので名前出すのは控えますが、つい先日入社の直前で内定取り消しをすると共に操業停止に至った話がニュースになっていた某造船所。あそこも含めてあの近辺にある造船所・海運会社にはけっこう仕事で関係あるのでちょっと他人事じゃありませんでした。近所にもう一社老舗の造船所あるのだけど、じゃあこちらや関連業界で救済的に斡旋できるかというと、うーん、余力ありそうなとこでもみんな必死でやってるの知ってるから・・・。

それにしても、あそこの造船所で作ってるのは多くが中小型船でそんなに建造期間の長い船じゃないんだから、銀行もたとえ整理するにしても数100億規模で抱えてた受注残がある程度完了するまで繋いであげる事できなかったのかと思わないでもありません。造船業で受注抱えたまま融資止められたら流石に産業として成り立たないだろうに。それと船作るにはかなり広範囲な部品・資材メーカーがその背後にいるわけで、そっちでも相当に影響大きい事になるでしょう。何と言うかこういう普通じゃ考えられないことが起きてるあたり、直接対象となっている新卒者・従業員・企業だけでなく、銀行側も含めてもはや民間でどうこうできる範囲を超えてるんじゃなかろうか。



(次の予定は・・)
先日終わったエル・シドの人物伝の次に何もって来ようか検討中です。
なんとなーくオスマン話か育成企画ものあたりにしようかなとか浮かんではいますが、
造船で篭ってるメインキャラが動けないので普段とちょっと違う動きになっており、
裏で何か出来そうな気も。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろです~。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/03(金) 18:16:03|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<商会イベント報告 | ホーム | エル・シド その11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/772-d8060c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。