打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

活況

風は回廊へ



大航海時代Onlineって登場からもう4年を経ている、多分けっこうな古参ゲーム。
今回はそんな古参タイトルが、長期スパンでどう展開してくのかをちょっとつらつらと。

さて、開始から4年たったこのゲーム、それくらいの時間の経過があると、私を含めてその頃からやっている古参者というのはかなりの部分をもう追求してしまっている為、どうしても新要素でしか食指を動かされなくなってくる/評価の目を向けなくなってくる傾向がある、これはある程度しょうがない部分だと思います。で、そういう人はゲーム世界でのつき合いの広さやブログを含めて露出が多く、ゆえにその発言は目立つというのもまた事実でしょう。

ただ、ゲーム世界全体の事を考えたら、上級者が喜ぶような先端要素ばっかり追っていては、例えば新海域とか新型上限船の追加ですね、上級者をターゲットとしたアメ要素だけを投入していたらゲーム全体としては恐らく寿命を縮めるというか確実に先細りの道をとるだけになってしまうのではないでしょうか。だってその先端要素を求める上級者の多くはどこかの時点で休止/引退といった選択を自分でするのですから。
(個人的には海域が追加されたからってゲームの寿命が縮むとは必ずしも思わないですけどね)

で、これはどのMMOにも言える事なのでしょうが、実装初期はそれこそ勢いで拡張方向を取って行くにしても、息の長い世界に発展させる事を考えるなら、後から入ってくる人にも楽しめる・初心者へのケアがしっかりと考えられている、そういう方向にもどこかの時点でリソースを振り向ける必要が出てくるんじゃないでしょうか。恐らく今も続いている長期タイトルの多くはその辺のケアが何かしらされているんじゃないかと思います。あとは上級者でも長く楽しめる、先端でなくどちらかというと生活型な要素の構築なども。

そう考えるとここ2年くらい、つまりクルス・デル・スールの2年間は、先端要素はもちろんある程度追いつつも、航海者学校や各種機能の充実・冒険経験の緩和やスピードアップなど、初心者や中級者にも早い段階から楽しめる・ゲームの魅力を理解してもらおうという方向にも力を入れていた気がします。ああ、なんか書いててむずかゆくなってきたな・・・。まあ、実際のところは、その土台と内面の充実方向に予定よりも時間が掛かってしまった為に離れた人を増やした面もあるのは否めませんが、そういう試みしてた所は評価していいんじゃないかと。

んでまあ、改めてこんなこと書いてるのも、
先日実装されたPS3版の影響で予想以上に活気が出ているのを感じているから。
2チャンネル化されたスクールチャットはもちろん入れるわけではありませんが、まずここの変な感想ほとんど聞かれませんし、リスボン港前のバザーが100人を超えるのはもう珍しい事ではなくなりました。
そしてこの人たち、たぶん結構定着してくるだろなあ、とも。
この1~2週間くらい、リスボン港前で新規者向けに小中型の原価船作ったり安い初期の服作って売ったり消耗品出したりしてると、これはもうこっちがびっくりするくらい動きが出てるんですよね。初心者層が使いそうなものを考えて出品するってのは当然利益とか考えての行動じゃないのですが、この層が買いそうなものを想定して作り・売るってのはそれはそれで楽しい。で、この人たちがなんか面白いくらいにどんどん成長してくるのを見るのも。
3日ほど前のこと、 『今出てる戦闘フリュート買いたいんですけど、まだお金がないので取り置きしていただく事できませんか?明日には頑張って貯めますから』  と言って来た初心者の軍人さんが次の日にはきっちり用意してテルしてきたかと思えば、その次の日には鉄手足・海鎧を装備して6Mほどの現金持ちつつ 『ピンネースって~』 と言って来たのにはちょっとがんばりすぎだろと思ったり、なんてのもありましたw
この人だけでなくここ2日ほどのリスボン前の人の動きを見てると、制服/制帽スタイル主体からだんだん卒業時のシャマールとか変装服・安めの鎧してる人も増えてきてるのに気付きますよ。
今はキャンペーン中で経験値ボーナスなどの恩恵あるのでしょうが、皆さんほんと楽しんでますね。


ということで、厳しい目で見たらまだ色々やれることはありそうですが、
そろそろ足場は固めつつあるんじゃないでしょうか、この世界。
あーなんかほんとわたし運営側に甘いな。
とりあえずその辺も踏まえて予想では今月上旬あたりに追加情報来ると見てますがさてさて。



(追記)

・造船修行のほう、サブタイトルで気付くかもですが意外に早くなりそうな気配。
なんかもうそろそろ付けるサブタイトルが第Ⅳ期にはいりそうですw

・さきほどリスボン港前にヴ○ーク=○ヴィ氏の姿が@@
うちの商会にも合併前に在籍してた人が復帰してきましたが、まーいろんな人が帰ってきてるなあ・・。



おしまい。


FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろです~。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/05/06(水) 15:29:47|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ノートPC壊れた | ホーム | 造船ロットの価値は?>>

コメント

スクチャはですねぇ。ちょうど今日Lv30になった2キャラで入れたりしたのですが、すごい状況。入ってきた人数考えると当然かもしれませんが、朝から深夜帯まで2チャンネルが満席の状態です。苦情があるなら、「入れないよー」ということでしょう。

「海域が拡張していく」のは大航海の魅力だし、やってくべきだと思います。ただ、拡張が可能な要素として残っている海域は「北アメリカ」「東アジア」「北極圏」「内陸河川」と限られたものでしかないので、そればかり追っていればだめなのは目に見えています。

スクールなどの充実は、先端がどんどん延びていくなかで、新しいプレイヤーさんにもできるだけ速く、新海域にまで到達できるようにとの計らいがあるのかなと思います。こうしたゲームの基盤づくりの先にそれこそ「工業化時代」が待ってるかもしれませんね。(2007/05/20の記事参照)
  1. 2009/05/07(木) 05:58:57 |
  2. URL |
  3. R SCHMITT #-
  4. [ 編集]

R SCHMITTさん>>
スク茶は混雑状況次第で4~5チャンネルくらい作ってもいいのではとすら思う。まあサブキャラもぐりこませてる人は自重するとかも必要でしょうが、いくら混んでても初心者が実際に入れない状況はさすがにどうかと。

それからあの蒸気船Onlineはすごい妄想記事でした。まあさすがに帆船時代からそれるってのはないでしょうねw
ただ今までの拡張を見ていると

→①海域追加/勅命ほか条件付け
→②初期港実装
→③補給港追加
→④補給港を街に格上げ 
→⑤交易品やJB船追加 
などと段階踏んで進めている傾向ありますよね。

これを小出し拡張と見るのか、時間の経過=その地域の順調な発展、と見るのかで印象違いそう。そこを小出しと思わせないのが運営面での手腕なのでしょうが、その辺の需要に対する先読み対応がやや不器用な感じするところが不満に繋がっちゃう気がしています。
  1. 2009/05/08(金) 12:04:39 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/791-168e81a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。