打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

戦列艦より強力なフリゲート艦!?

世界初の装甲艦


大航海時代、更には19世紀前半の戦列艦の時代まで、軍艦の船体の素材は木製でした。
もちろん、補強用として一部に銅板や鉄板を張り付けたものはありましたが、全体を鉄で作った軍艦の登場は一体いつ頃で、どのような経緯で生まれてきたのでしょうか?



(木材の払底)
18世紀末には、イギリスにおいて最良の木材と考えられていた樫の木が次第に枯渇してきます。なにしろ戦列艦を1隻作るには木材を数千本は消費します。(ネルソン提督のヴィクトリー号には6000本の木材が使用されています) 長い戦争の果てにイギリス本土の良質な森林資源が消滅しても不思議ではありません。

(部分的な鉄材の使用)
船体といっても、外板、竜骨(キール)、肋骨材(リブ) などありますが、18世紀になってこのうち構造部分の肋骨材などには鉄骨が一部で使用が始まります。また1777年にはイギリスで鉄製外板の小さな客船が登場しました。更に1820年にはイギリスで全鉄製の汽船が誕生し、郵便船として就航します。ただしイギリス海軍省などでは、薄い鉄板では強度に問題があると考えられていたため、軍艦ではオーク材やチーク材がその後も使い続けられ、鉄材の使用は徐々にしか進みませんでした。
この辺り、新しいものを取り入れるには、なにか決定的なことが起こらないと人間なかなか認めがたいのかも知れませんね。

(大暴風雨)
1838年、イギリス海峡ですさまじい暴風雨が発生します。
多くの船が座礁・破壊されてしまう中、このとき海峡内に居た船舶のうち、まともに生き残ったのは鉄製の汽船『ギャリー・オーウェン号』ただ1隻でした。この結果、強度面で鉄材の優位性が認められ、商船や一部の国の軍艦などで鉄板の使用が本格的に始まります。

(木造艦の終焉)
1853年11月30日、クリミア戦争のさなかでトルコの艦隊がロシア艦の攻撃を受けます。
このとき全艦隊が木製の軍艦だったトルコ艦はロシア艦の砲撃で完全に破壊されてしまいました。これにより各国、特に参戦していたイギリス・フランスで装甲艦の設計が活発となり、新時代を迎えることとなります。

(フランス装甲艦の登場)
1859年、フランスは世界最初の装甲フリゲート艦 『グロワール号』 を進水させます。
この船は基本的には木造でしたが、両舷の外板が10~12mm程度の鉄板で装甲され、速力13.5ノット・ライフル砲36門・240mm砲6門・160mm砲24門を備えた強力な船でした。

仏グロワール号(グロワール号)


(イギリス艦の歴史的傑作)
1861年、フランスのグロワール号の登場に対抗する形で生まれたのが、史上有名なイギリス艦 『ウォーリア号』 でした。 ウォーリア号は全船体が鉄製の軍艦で、速力14.4ノット、178mm砲34門で、114mmの装甲が船体中央に施されていました。 ところで戦艦の定義としては『自分の主砲に耐えられる装甲をもった軍艦』 と言うのが考えられ、ウォーリア号は砲撃力と防御力のバランスから『世界初の戦艦』と呼んでいい位の革新的な船でした。(正式に『戦艦』の呼称が与えられるのは1868年のオーシャン号からです)

英ウォーリア号(ウォーリア号)


(戦列艦より強力なフリゲート?)
グロワール号もウォーリア号も、主砲の砲門数は30~40門程度で、従来の海軍の分類では5~6等級艦である 『フリゲート』 に分類されてしまいます。しかしこの両艦の攻撃力・防御力・速力を考えると実質的に戦列艦を上回る能力をもっていて、この両艦の登場を境に、大航海時代以降、200年前後に渡って従来の軍制上の頂点だった戦列艦は完全に旧式化してしまう事となりました。

※その後世界各国がこれを手本として海軍を整備してゆきます。イギリス艦とフランス艦の影響を非常に多く受けたのが、実は自力で軍艦建造の能力が無かった明治時代の日本海軍なのですが、それはもう大航海時代とは別の話ですので、今回はここで終わりとしますね^^

おしまい。


FC2ランキング02 ←ご支援クリックを!
  1. 2006/07/17(月) 21:06:26|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<縫製R15レシピの果てに | ホーム | 採算ラインのマニアックな追求 その2>>

コメント

装甲艦といえば、南北戦争のモニター号ががが。
木造船があそこから主役の座をゆずっておりますのお。
  1. 2006/07/18(火) 00:53:05 |
  2. URL |
  3. めけ #-
  4. [ 編集]

めけさん>>
確かに構造物まで含めた全鉄製の装甲艦といえば、1862年2月完成のモニター号ですねえ。(ウォーリアはまだマストと帆がありますし) 
モニター号とヴァージニア号の戦いとか、あのへんの話も面白いです・・・って、めけさん既に半年前に書いてますねw
  1. 2006/07/18(火) 08:33:38 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/89-01306473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。