打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

造船素材紀行 その1

熱帯の万能素材


海・川・湖沼、
水面のあるところ、
人はそこにいつしか船を浮かべ、
やがて大洋に乗り出し、
遂には世界を航路で繋げ、
あらゆる未知の海域を走破する成果を成し遂げてきました。

しかし寒冷地もあれば熱帯地もある気候の差が激しい地球のこと、
そこに住む人々は、
それぞれその土地の素材・さまざまな条件に適応した異なる船を生み、
生活に密着した所から大洋へと乗り出してきたのです。
それはもう、環境・特に素材から生まれ育った技術史。

そんな訳で
今回から造船という大きなテーマの中で、
特に素材に焦点を当てて各地域で生まれた特色ある船を見てゆきたいと思います。
これけっこう前からこんなテーマで何か書きたいなと思っていたんですよね。
んでまあ色々と候補を考えて選んだその第1回の素材はこれ。


【万能素材・ココヤシ】
ココヤシ、つまり椰子の木ですね。
ヤシ科を代表する植物で平均気温が18度以上でないと棲息・繁殖できないことから、
熱帯地域を特定する際の標準となる植物かもしれません。
地球上の熱帯地域の沿岸部ではほぼどこでも見られるこのココヤシですが、
こと造船という視点においては正に万能素材といって良い優れた材料だったのです。

特にその素材の特性を最大限に活かした船が建造されたのはインド洋でしょうか。
インド南西岸にあってカリカットやコチンを擁するケララ州という州がありますが、
地元の言葉でこの 『ケラ』 とは椰子の木のこと、『ラ』 とは国を意味します。
つまりカリカットやコチンの一帯は 『ココヤシの国』 と呼ばれていたのですね。


ココヤシ


(ダウ船とココヤシ)
さて、ココヤシを利用した船として最も有名なのは恐らくダウ船でしょう。
東南アジアやポリネシア・ミクロネシアの一帯でもココヤシで船が作られていますが、
古くはもう数千年の歴史を誇るインド洋のダウ船において、
ココヤシはインドを代表する木材であるチーク材以上にそれこそあらゆる部位に使われていました。

まずその幹は船材として。
ダウ船の全長は小さいもので10~15m、最大級のもので30~35m前後までありますが、
その全長を決めるのはチークかココヤシから取れる船材からだったといいます。

次にココヤシの実を覆う繊維はロープの素材に。
ダウ船はヨーロッパの帆船のように竜骨と肋骨部分に外殻となる板を張るのではなく、
外殻に当たるココヤシやチーク素材の船材をロープで組んだ縫合船と呼ばれる建造方法が用いられていました。
この縫合というか船材の連結用に大量のココヤシの実の繊維から編んだロープもしくは紐が使われたのですね。

またココヤシの木の外皮や繊維質の部分は防水の増量材兼バインダーに。
繊維質の部分を細かくして天然の瀝青などと混ぜ合わせた粘土状のものを船材と船材の間の詰め物として塗り、
防水材として充分な性能を発揮したのですね。
(こっち系の素材はわたしも仕事柄良く扱うのですが、
確かに天然アスファルトと天然繊維の混合材なら恐らく現代でも充分な用を成すと思います)

そしてココヤシの葉は編み込まれて帆布の原料に。
帆の材料としては麻生地や綿生地がユーラシア大陸における中近世の主力ですが、
古代~中世期のインド洋ではココヤシの繊維・葉もダウ船の重要な帆布素材として使用され続けていました。

他にも更に木材から削り出された木釘(目釘)は船材の結合に使用されたことで、
開発当初からダウ船は鉄材を使用しないでも建造できる素晴らしく低コストで環境対応な船に仕上がっていました。
まあ、その当初からの完成度の高さゆえに、
ダウは近現代でも一部に鉄材を導入するなどの改良をしつつ使われている一方で、
その後のインド洋~アフリカ沿岸でもっと優れた帆船が生まれるのを阻害したとも取れるのですが・・・。
また造船だけでなくココヤシの実はそれ自体が貴重な食材であり水分補給の源泉でもありましたから、
それこそココヤシはそのほとんど全てが航海に利用されたのです。

ところで、ダウ船・サムブク船などインド洋の船に関する書籍はいくつかありますが、
それより昔見たNHKの 『海のシルクロード』 (1980~90年代頃の番組だったと思う)で、
インド南部の取材時にダウを建造している地元の船大工の様子を放映した回があり、あれのほうが面白かった記憶が。
ついでにコーチン港から出荷される胡椒の取引の様子などもありましたね。
確か第6回あたりだったけどあれまたどこかで見れないかな・・・。



こんな感じで反応あればまたこのテーマで書きたいかなと思っています。
次はヨーロッパを代表する船材にしようかなと狙ってますがさーてどうだろう。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑最後にぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/12/08(火) 22:25:00|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<造船素材紀行 その2 | ホーム | 雑記帳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/946-67eb1f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
10位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。