打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

複合船に再注目

操船熟練上げがまた一隻


(海戦後)
大海戦、お疲れ様でした。
色々新仕様となって問題点が浮き彫りになった感があり、
短い期間で準備するにはけっこう大変だったと思います。

正直なとこ、あと2週間欲しかった。
明日には月例アップデートがあるからあの日程で入れたのかもですが(連休なのに金~日開催)、
船だけでなく、例えば陸戦準備もやれたらだいぶ面白さが増してくると思うんですよね。
その一方でしっかり対応して来てる人もいるので如実にその差は出たかも。
まあ、これで色々バランス/修正されて参加者も準備して、
次回がさあこれから本番って感じになりそう。

んでまあ、
大海戦も含めて今回のアップデートで実感したのが陸戦や白兵の重要性。
甲板戦だけでなくダンジョンもそうだし転職クエストからしてかなり要求高いですね。
帆船の時代で陸戦回帰かよという向きもあるかもですが、
実際のとこ戦列艦には普通に白兵/銃撃主体の部隊もしばしば乗ってるので別に違和感無い。


(ロワ☆4)
そんな訳でこの後は海事上げをやりつつ陸戦も進めてゆこうと思ってます。
そして今日、新たに進水させたのがこの船。

baraq

ラ・ロワイヤルが☆4まで強化できると結構凶悪な船になりますね。
旋回11・対波7、これでもちょっと失敗気味ですが、まあ充分満足。
つうか次作るだけの建造費と部品が・・・。
そしてこれで熟練上げをやり、試乗へ。
なんだかもう、動きが気持ち悪いですね。
なんだこのクネクネ感はw
旋回と言うかむしろ対波が劇的に向上した恩恵なのか、
色んな動きがありえない挙動するので自分の船なのに驚く。

ガレーの強化に関しては他にも面白そうな船があり、
例えばターキッシュガレーだと素で対波2あるし強化限界が☆5と1回多いので、
その気になれば対波11にできます。
嵐でも進めるガレーとかファンタジー過ぎますが、
操船熟練上げの途中で波受けて浸水したのは逆にちょっとホッとした部分もあったりして。
さて明日からはこれ乗ってあちこち海事と陸戦の準備するかな。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑最後にぽちとね!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/01/11(月) 23:16:22|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<陸戦アンケート設置 | ホーム | FS大海戦 観察メモ>>

コメント

陸戦の重要度はあがっていますね。

冒険・生産系キャラの方か、海事系キャラの方かどちらにやらせるかが悩みどころですわ。

  1. 2010/01/12(火) 10:49:43 |
  2. URL |
  3. R Schmitt #-
  4. [ 編集]

R Schmittさん>>
甲板戦対策としては修正が入った事を考慮すると、使用頻度でいったら冒険者のほうでしょうかねえ。
それ自体が発見物になってるものがあるので、コンプを目指す時などにはいずれ必要となりそう。
  1. 2010/01/13(水) 23:19:29 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/967-5e2648ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。