打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

続・蒼き狼の末裔たち その3

後継


ちょっと間が開きましたが、ここから仕切り直してモンゴル編の続きに入ります。
ヨーロッパ視点だとマルコ・ポーロ(らしき人)の一家が旅した頃、13世紀後半のモンゴル帝国は果たしてどういう情勢だったのか、東~中央アジアを主体に順を追って見てゆきましょう。何しろ彼らの行く末に鎌倉時代の日本も関わってくることになるだけに、この頃のことは前史として無視できない部分なんですよね。


(戦火)
1250年代後半の中国。
当時この地域は戦火の中にありました。
既に東北・華北・華南は金国を滅ぼしたモンゴル帝国の手中にあり、江南~長江の上流域まで保持していた南宋と境を接するまでに拡大していました。
そして1253年以降、第四代大ハーン・モンケの命により次弟のクビライ(フビライ)が漠南漢地大総督に任じられる事で南宋への遠征が始まっており、一時中断を挟んだ1258年以降はモンケ自身が四川方面に参戦して来ていたのです。

しかしこの1250年代の南宋遠征、結果としてまたしても中断を余儀なくされてしまいます。
最初の遠征は大総督のクビライがじっくり構えすぎた事でモンケの怒りを買って更迭され、東方三王家(チンギスの兄弟たちの子孫が東北地方に封じられていた諸王家)の盟主タガチャルがそれに代わるも不手際が続いたために再びクビライが復帰したと言うモンゴル内の人事の問題だったのですが、二度目の中断はこれとは比較にならない程の大事件が原因となっていたのです。


(急死)
1259年8月、既に四川地方の大都市・重慶を陥落させていたモンケが陣中で倒れます。
原因は疫病と『集史』には記載されていますが、研究者によっては暗殺かこの後1340年代にヨーロッパへも広まったペストの一種ではないかと唱える人もいるくらいに謎な死を、よりにもよってモンゴル帝国の大ハーンが最前線で遂げてしまったのでした。

まったく、一人の人間の死がこれほどの影響を及ぼすものかと思います。
なにしろこのモンケの死をきっかけとして、
モンゴル帝国はユーラシア全体を巻き込んだ争乱の時代に突入してゆく事となったのですから。


(後継)
当時、モンケの跡を継ぐ可能性のある人物は大きく二系統。
一方はモンケと同じくトゥルイとソルコクタニ・ベキの間に生まれた弟たち、クビライ、フレグ、アリクブケの三人。もう一方はモンケの遺児であるバルト、アスタイ、シリギなど。しかし実際のところ50代そこそこで亡くなったモンケの遺児はまだ全員20歳になるかならないかの若年で、大モンゴルの全土に睨みを利かすハーンとなるといかにも力不足と云わざるを得ませんでした。
となるとクリルタイで大ハーンに選出される可能性のあるのはモンケの弟たちと言う事になるのですが、このうち三男のフレグは当時イラクでアッバース朝を滅ぼした後シリアに侵攻している真っ最中。翌年には彼の配下がアイン・ジャールートの戦いに臨んでいるのですから、フレグがモンゴル本土に戻れるはずもありません。

そんな訳でモンゴル帝国の後継者は、
この1259年の時点で事実上クビライとアリクブケの二人に絞られていたのでした。


(情勢)
当時の両者の所在と背景を確認しておきますね。
まずアリクブケ。
彼はこの時の遠征でも本国での留守居役を任されており、トゥルイ家の末子ですからカラコルム一帯にあるトゥルイ家の家産の多くを引き継ぐべき立場にありました。
そしてモンケ政権の主だった者たちも、クビライがモンケとやや険悪な関係だったこともあってか、概ね彼を支持していました。

次にクビライ。
兄弟の順でいえば二男のクビライが跡を継いでも不思議ではありませんが、先述したようにモンケとクビライは遠征軍の方針を巡って険悪な状態であり、モンケ政権下の者たちの支持も取り付けていませんでした。
唯一彼が有利な部分と言えば、
現場にあってモンゴル帝国でも最大規模の武力を有していたことでしょうか。

こうして見ると、アリクブケ圧倒的に有利と見える状況なんですよね。
しかし結果からいうと、この後30余年に渡ってモンゴル帝国の帝王として君臨する事になるのはクビライの方でした。そう、この両者の立場とこの後取った行動が、後継争いにおいて大きく影響してくることになったのです。


(クビライ)
1259年夏、クビライは黄河と長江の中間を流れる淮河上流の都市・汝南に駐留していました。
彼が率いる東路軍の予定していた攻略目標は、汝南から真っ直ぐ南下して到達する、
長江中流における最大の都市・鄂州。つまり現在の武昌近郊ですね。
ここから普通なら真っ先にカラコルムに取って返して後継争いに参加すると思われたクビライですが、
なぜか彼はそうしませんでした。
現地に留まった彼の選択が正解だったかどうか、次回見てゆくことにします。
(地図がないとさっぱりなので早いうちにあげよう・・)



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑押してってねー

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/02/24(水) 00:25:07|
  2. 蒼き狼の末裔たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<槍強化とイベント | ホーム | 間違いだらけの武器選び その4>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/02/24(水) 16:10:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ポル冒険軍人さん>>
ご指摘どうもです、こういう誤用ってかなり恥ずかしいですね・・・。
あとで直しておきます。

  1. 2010/02/24(水) 20:27:16 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/991-4787eac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。