打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

大航海ベンチマーク結果の変遷

coreMタブレットと過去のベンチマーク比較

※1/10追記

ブログ内検索したら今までこのネタで10回位書いてますね。
新しいPCやOS導入したら大体やっているので、おおよそ年に1回ペースで取り上げていることに。

今回は正月の初売りでタブレットPCを買ったのでそのテストをしつつ、
過去に行ったテストとの変遷を見てゆきます。

まず今までの結果を並べておきます。
やっているのは解像度800×600で、ノーマルテストかカスタムの画質最低設定です。
両者だと若干後者のほうがいい数字出る傾向にありますが既に同じ環境でテスト出来ないのでそこはご勘弁を。

それからベンチマークスコアの基準は、確か100点以下は動作困難、350点以上で快適だったかな。
解像度を挙げると一気にスコアが落ちますので、実際はノーマル500点以上が使用に耐える感じでしょうか。


1台目 2006年06月 535点

CPU AMD AthlonXP2500→3200にOC
GPU Geforce 6600
MEM 1.5GB
HDD 120GB


2台目 2006年06月 869点

CPU AMD Athlon64 3200
GPU Geforce 7600GS
MEM 2GB
HDD 30GB


3台目-1 2007年09月 1425点

CPU Intel Core2Duo E6400
GPU Geforce 8600GTS
MEM 2GB
HDD 300GB
※上記のスコアはカスタム最低設定のウィンドウ表示で、
  ノーマルモードだと確か1700点弱でしたが記録が残ってないので上記を採用。


3台目-2 2007年10月 2182点

CPU Intel Core2Duo E6400
GPU Geforce 8600GTS
MEM 2GB
HDD 300GB
※大航海ベンチマークテストをVISTA対応版に変更して実施。
 この時から4桁表示になっています。


4台目 2008年02月 108点

CPU Intel CeleronM353 900MhzにOC
GPU 内蔵
MEM 2GB
HDD USBメモリから起動
※初代ネットブック、カスタム最低設定にすると140点台でした。


3台目-3 2008年06月 2210点

CPU Intel Core2Duo E6400
GPU Radeon HD4850
MEM 4GB
HDD 300GB
※GPU変更、メモリ追加しています。
 2と3のGPU変更は高画質になるほど差が付く結果に。


5台目 2009年03月 277点

CPU Intel E6400
GPU IntelG31内蔵
MEM 2GB
HDD 500GB
※CPU流用でベアボーンの小型PCを作成


3台目-4 2009年11月 3647点

CPU Intel Core2Quad Q9650
GPU Radeon HD4850
MEM 4GB
HDD 300GB→SSD128GB
※VISTA SP2、CPU変更、サウンドカード外付け、GPUドライバ更新、SSD導入
 この時のパーツ増強で2年前とほぼ別のPCに。


6台目 2011年4月 内蔵GPU 561点/外付けGPU 2007点

CPU Intel Core i3 2100T
GPU 内蔵/Radeon HD5670
MEM 4GB
HDD SSD64GB
※3.11の震災後に、省電力PCを作りたいと思って自作。
 ベンチテスト回している時の消費電力は内蔵GPUで62W/外付けGPUで90Wです。
 この構成で後にWindows8のプレビュー版入れたらベンチ2411点で動作しました。


7台目 2011年05月 715点

CPU Intel Core i5 2520M
GPU 内蔵
MEM 8GB
HDD 500GB
※第2世代CoreCPUを積んだノートPCのベンチです。


8台目 2016年01月 ACアダプタ 1107点/バッテリ駆動 631点

CPU Intel CoreM 5Y71 (1.2~2.9Ghz駆動)
GPU 内蔵
MEM 4GB
HDD SSD128GB
※数日前に買ったばかりのタブレットPCで、CPUは第5世代Coreシリーズのうち、超低電圧型の上位版。
 ACアダプタを接続した場合と、バッテリ動作での2回計測しています。
 まだ設定詰めてない段階ですが8年前のネットブックと比べると10倍程の数字出してますね。
 バッテリ駆動で600点台出すなら普通に外で持ち歩いて使える気がします。


※1/10追記分

9台目 2016年01月 

ノーマル測定 フルスクリーン=5382点/ウィンドウ=4542点
カスタム測定 窓800×600画質最低=6442点/窓1280×1024画質最高=3422点

CPU Intel Core i7 6700K
GPU Geforce GTX970
MEM 8GB
HDD SSD256GB
※昨年秋にSkylakeの最上位CPUで新調したデスクトップPC。

ベンチ_6700K_カスタム_800600W


自宅に帰ってきたので測定してみたら、最高値で6000点超えるんですね。フルスクリーンとウィンドウのスコアが20%近く違うのは、使用環境のモニタが3840×1920+1920×1200で使っているために以前よりもデスクトップ表示にビデオメモリその他のリソースが食われているためと思われます。ちなみに最高設定でベンチマーク回している時のモニタ含めた総消費電力は275W。

この辺まで来ると、ノーマルテスト時のスコアが3000だろうが6000だろうがほとんど意味はない気がします。
それもあって最後にもう一回テストを実行

(テスト時の設定) 
ベンチマーク 1280×1024画質最高 =3096点
大航海時代Online 1920×1080、1600×1024、1600×1024


普段は同時に色んな作業していますから、DOLを3枚起動した上でテストした結果が上記。
単体でやる場合からの比較で10%くらいしか落ち込んでいませんね。
となるとDOLベンチも本体もCPUはシングルスレッド性能重視というだけでなく、
GPU側も解像度上げて複数クライアント起動しても大して負荷が掛かっていないことが伺えます。

というか10年前に作られたDirectX 9のゲームだと今の11以降を想定したGPUだと軽すぎるということでしょうか。
そういう意味ではそろそろ高画質版も選択可能にして良い気がしないでもないですが、
個人的にはDOLの生命線は画質の向上よりもコンテンツの中身とゲームバランスのほうかと。




(感想)
こうやって見ていると、10年でPCの性能がほぼ8~10倍になっていますね。
モバイルPC・デスクトップPCで分けてみると同じ投資額でそのくらい性能が違います。

PC本体だけじゃなくこの間にディスプレイの表示面積も8~10倍くらいに拡げていますから、
ムーアの法則とまでは行かないにしても何だかんだで環境的には全体に進歩してる模様。

注意点としては、大航海時代Onlineのベンチマークソフトは元々が2004年のシングルコアCPU時代に作られたプログラムなので、マルチスレッド化した今のCPUのことを考えると本来の性能差は10倍どころじゃないと思われます。
それと負荷の低い800×600ノーマルテストは2008年あたりでGPUを換装しても頭打ちになっており、これはCPUの性能が足りていない結果でしょうか。当時ほかの人の過去ブログでCPUをオーバークロックするとほぼ比例してベンチ結果が上がっていた記事を見たことが有り、テスト自体が低画質はCPU>GPU、高画質はCPU≧GPUくらいで両方のバランスを問うプログラムかなと思います。あと実際の使用時はもっと高画質で設定しているので、大航海ベンチも1280×1024より上の解像度設定を追加してくれると嬉しいなと思うところ。

逆に劣化してるのはオッサン化した中の人の性能か。
10年前より明らかに動きにキレがないのを実感するこの頃ですはい・・・。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/01/06(水) 10:37:32|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップデート前


本日12/1のメンテナンス明けで
10周年アップデートのCP3を迎えるDOL世界。

アップデート前に最終日分のイベントこなすのに早起きしてみたら結構大勢の方がパリにいましたね。
1キャラ当たりプレミアムロット約5枚分貰えるんだから正に早起きはなんとやら。(まあ元々の意味は違うけど)

さて今回のアップデートはAtlantisのエピソードが本番を迎え、
新ダンジョンが登場したり新型船が出たりと色々有りますね。

そういや新型船、発表されている中で特に上限船の一角と見られるドーファンロワイヤル。
あれって帆船小説などを読んでいる方からすると所謂 『ボスキャラ(やられる方の)』 イメージがかなり強いかも。
例えて言うならドズルとビグザム・・・。

経歴の最後となるナポレオンのエジプト遠征時にはフランス派遣艦隊の旗艦であり、
火力的にも主力の36ポンド砲+24ポンド砲だけで60門以上、小口径砲なども全部足すと120門前後を搭載、
18世紀末~19世紀初頭における世界最強クラスの存在と呼んでまず間違いない船でしょう。

実際、戦列艦・フリゲート合わせて30隻以上が激突したナイルの海戦時においては
ネルソンの常識的にはありえない戦術により他の僚艦が各個撃破される中、
中央で踏ん張ってイギリス艦隊に痛打を浴びせながら集中攻撃を受けて提督もろとも爆沈するという派手な最期。

沈むことで歴史に名を残したとも言えるけど、
フランス側の視点に立った帆船小説ってまず読めないので印象としてはやられ役になってしまうんですよね。
そんな気の毒な立場になりやすいフランス船だけに、せめてDOL世界では陽の目を見て欲しいと思う次第。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/12/01(火) 10:45:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イントロだけじゃ勿体ない


毎日何十回とイントロクイズやってるハミルですこんばんは。

ほんと今更ですが大航海時代OnlineのBGMは秀逸なものが多くて、
特に初期の何曲かはこれがゲーム音楽のジャンルに収まってい無いだろうと、
そう言うクオリティだなあと改めて思う今回のイベント。

その中で、古くからの大航海時代シリーズのファンにはなじみ深い曲ってありますよね。
個人的には特にカリブ地域の町中の曲。

知っている人は知っているかと思いますがあのカリブ曲、
ヴェネツィアのテーマとともに菅野よう子女史の作曲です。

それも良ーく聞いてみると・・光栄時代のシリーズ始祖鳥というべき大航海時代Ⅰのエンディング曲、
『SEVEN SEAS~七つの海へ~』からのアレンジかな?と思われます。

私の手元にあるサウンドコレクションCDから載せるのはちょっとアレなので、
代わりに動画サイトに出ているリンク先を貼っておきますね。
そのうち消されるかも知れませんが調べればどっかで聴けると思います。




(↑はニコニコ動画へのリンク)





(YouTubeへのリンク=曲が始まるのは2分33秒あたりからです)






(大航海時代Online Caribbean Town曲のリンク)


DOLのカリブ町中のサウンドトラックを追記。
上のオリジナル曲とこの曲を聴き比べてみて下さい。

私も含めて普段はBGM消している方もいらっしゃるかと思いますが、
今回のイベントを機に 『各地のBGMを聴きに航海に出る』 って言うのもそれはそれで一興かなと。


おしまい。



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/11/28(土) 20:06:05|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Skylakeについて

内蔵でいいじゃない


9日2日に第2陣が発売開始された、インテルの第6世代CoreシリーズCPU・Skylake。
一ヶ月前に売りだされた倍率ロックフリー版の6700K・6600Kに続き、
先週はその下のラインナップとなる通常版のCore i5・i7が発売されましたね。

私もつい先日、Core i7 6700Kで1台分発注して到着待ちです。
ただ待っているのもあれなので、今回はこのSkylakeについてとその先をちょっと書いてみます。



8月5日発売
Core i7 6700K (4.0~4.2GHz) 4C8T 350ドル GPU=HD530
Core i5 6600K (3.5~3.9GHz) 4C4T 243ドル 〃


9月2日発売
Core i7 6700 (3.4~4.0GHz) 4C8T 312ドル GPU=HD530
Core i7 6700T(2.8~3.6GHz) 4C8T 303ドル 〃
Core i5 6600 (3.3~3.9GHz) 4C4T 224ドル 〃
Core i5 6600T(2.7~3.5GHz) 4C4T 213ドル 〃
Core i5 6500 (3.2~3.6GHz) 4C4T 202ドル 〃
Core i5 6500T(2.5~3.1GHz) 4C4T 192ドル 〃
Core i5 6400 (2.7~3.3GHz) 4C4T 187ドル 〃
Core i5 6400T(2.2~2.8GHz) 4C4T 182ドル 〃

9月中に発売予定
Core i3 6320 (3.9GHz) 2C4T 157ドル GPU=HD530
Core i3 6300 (3.8GHz) 2C4T 147ドル 〃
Core i3 6300T(3.2GHz) 2C4T 138ドル 〃
Core i3 6100 (3.7GHz) 2C4T 117ドル 〃
Core i3 6100T(3.2GHz) 2C4T 117ドル 〃

Pentium G4520 (3.6GHz) 2C2T 93ドル GPU=HD530 
Pentium G4500 (3.5GHz) 2C2T 82ドル 〃
Pentium G4500T(3.0GHz) 2C2T 75ドル 〃
Pentium G4400 (3.4GHz) 2C2T 64ドル GPU=HD510
Pentium G4400T(2.9GHz) 2C2T 64ドル 〃



さて今回のSkylake、実質的に前世代となる第4世代Haswellと比べて最も性能が伸びたのは実はGPUの方。

ここまで出ている各メディア等でのベンチマークテスト結果では、CPU性能についてはだいたい1.1~1.3倍くらいの性能UPにとどまっているのに対して、GPU側だとHaswell世代の2倍前後の結果が出ており、搭載されているHD530GPUだと1.1TFlopsほどにも達しています。

1.1TFlopsというと、だいたい数年前のデスクトップ用GPUのミドル~ハイエンド製品の数値。
現在のラインナップで言うとGeforceGT740やRadeon R7 250Xとほぼ同等の性能であり、そうなるとこれら1万円前後の外付けGPUはSkylakeでデスクトップPCを買う/自作する場合、その存在意義がかなり微妙になって来たと言わざるを得ません。
ただ、もちろんGPUカードは搭載メモリ周りも含めてのトータル性能なので外付けすることが無意味では有りませんが、それだったらその予算はCPU側に投資すればいいやという考えにはなって来そう。

それからこのGPUはモバイル版のSkylakeにも機能は多少変えつつも搭載されていますので、何気に恩恵が一番大きいのは内蔵GPUが一般的な普通のノートPCじゃないかと思われます。てか怖い時代になりましたね、数万程度のノートPCの内蔵GPUが数年前には3~4万円した外付けGPUにかなり近い描画性能を有して来る事になるのですから・・。


さて、話をデスクトップPCに戻して、実際に自作なりBTOなりメーカーPCなりでSkylakeを購入する際の選定について。
現在各CPUの日本での税別価格は、だいたい1ドル=121~122円位です。(6700Kだけは1ドル=134~5円台換算の高値維持)

それからマザーボードとメモリがHaswell世代から一新されてチップセットが100番台、メモリがDDR4に移行するためパーツの流用が余り効かず自作での初期投資はHaswell以前との比較では+数千円ちょっと掛かります。(ASRockのComboシリーズなどDDR3/DDR4メモリ両方選択可能な変態製品もあるけどw)

それらも踏まえてCPUを上・中・下位の中で選定するなら、

上位は、6700Kか、6700
中位は、Core i5 6500
下位は、Core i3 6100かPentium G4500 

この辺りでしょうか。
特にまだ発売されていないCore i3 6100は117ドル≒14,000円台くらいで2コア4スレッド・HD530搭載ですから、全部見渡した中でもかなりお得感が高い。

試しにこれでパーツ選定してみましょうか。

製品名規格税込価格備考
CPUCore i3 61003.7GHz、2コア4スレッド (15,500)
マザーボードASRock H170M Pro4H170チップ搭載、MATX14,000
メモリCrucial CT2K4G4DFS8213DDR4-2133 4GB×2枚7,400
SSDCrucial CT250MX200SSD1SATA3、250GB12,900
HDDなし0
光学ドライブASUS DRW-24D3STDVDスーパーマルチ2,300
電源Thermaltake TR2/450W80+ブロンズ、450W、Haswell対応6,200
ケースFractal Design Core35007,600
OSWindows10 Home製品版・USBメモリ12,600
キーボード2,000
マウス2,000
【合計】82,500

()内の価格は予想です。
各単価は、価格コムの最安値~+5%以内くらいで入れています。
例えばOSは安いところだと11,800円で買えます。

マザーボードはH170チップを搭載したASRockのMATX、ATXだったらH170Pro4あたり。
同程度のASUS製品だとほんのちょっと高いんですよね・・。

メモリはDD4-2133の4GB×2枚、Crucialは米マイクロンのブランドで各MBメーカーの対応メモリリストにも入っており、特にオーバークロックもしないなら一番遅いDDR4-2133で十分と思います。

SSDも同じCrucial製、ハードディスク積むならSSDは120~128GBでも十分ですが既に割高になっているのと、パーツ数を減らす目的で250GB台を選定しています。TV録画とか写真・動画データを溜める目的なら後から2TBくらいのHDDを追加すればいい。

電源は、恐らくこの構成だと300W台でも十分なのですが多少は余裕を見て400W以上から選び、変換効率は80+ブロンズ以上でそれなりのメーカーで選べば十分かなと思います。選定したThermaltakeのTR2/450は100%日本製コンデンサを積んでいて、Haswell以降の省電力対応もしているので値段の割に良さそうかなと。

ケースはマイクロATXでも入りますが取り敢えず安めで静音ぽいのを。
FractalDesign社のケースは作り自体もいいし裏配線などで結構考えられており、下位製品でもハズレはない印象。
あとマウスとキーボードは適当に入れていますが、各2000円有ればそこそこのを選べると思います。
流用でもいいし、ゲーム用等でもっと予算掛けたければお好みで。

あと、CPUファンはパッケ付属されているもので十分と思います。
もし静音にしたいなら2~3,000円近辺のものを選べば良いですが、それならむしろ上位のCPUを選びたいかな。

だいたいこれで80,000円台前半、ケース代を抜くと合計75,000円くらいです。
恐らくこのままでも軽めのゲームなら十分ですが、もうちょっとゲーム用に仕上げるならあと3万程予算見て、GeforceGTX960くらいのGPUとCore i5に回したり、電源容量を500W↑で選ぶとかで対応。

逆に電源やSSDはある程度のパーツを選んでいるので、安いのを選ぼうと思えばあと数千円は詰められそうですし、キーボードやマウス、DVDドライブ、ケース、OSなども流用出来る方が多いんじゃないかと思います。

もし自作してみたい方が居るようなら是非挑戦を。



Kabylakeまでは・・・


最後にINTEL製CPUの今後ですが、
来年になるとSkylakeベースの改良版と見られるKabylakeが出る予定。
これはクロックアップ主体となると予想されており、ある意味Skylake-Refreshみたいな位置づけ。

問題はその先で、Kabylakeの次。
2016年に予定されていたCanonnlakeがキャンセルになり、次がIceLakeと呼ばれる10nmプロセス製品で2017年の登場になりそう。
このあたりの流れで14→10nmプロセスへの移行に苦労するんじゃないかという見方が出ているようですね。

そうなると、短命と思われていたSkylakeと1151ソケットでこの先結構行けるんじゃないかなと思ったりする訳ですが、まあ、サンディ世代以降のCPU性能はそこまで伸びておらず、数年でいいとこ2倍に留まっていますから、もうCPUの単体性能での買い替えというのは段々とその意義が薄れて来ている気がします。



おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/09/08(火) 13:01:04|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の甲子園2015 組合せ抽選会

アツい夏再び


本日16:00からの抽選会を見ての気になる組み合わせなどを取り上げてみます。
まずは組み合わせと日程。

1日目(8/6木)
1回戦
第1試合 鹿児島実業(鹿児島)-北海(南北海道)
第2試合 岐阜城北(岐阜)-中京大中京(愛知)
第3試合 宮崎日大(宮崎)-上田西(長野)


2日目(8/7金)
第1試合 花巻東(岩手)-専大松戸(千葉)
第2試合 霞ヶ浦(茨城)-広島新庄(広島)
第3試合 九州国際大付属(福岡)-鳴門(徳島)
第4試合 東海大甲府(山梨)-静岡(静岡)


3日目(8/8土)
第1試合 早実(西東京)-今治西(愛媛)
第2試合 敦賀気比(福井)-明徳義塾(高知)
第3試合 大阪偕星(大阪)-比叡山(滋賀)
第4試合 下関商(山口)-白樺学園(北北海道)


4日目(8/9日)
第1試合 津商(三重)-智弁和歌山(和歌山)
第2試合 天理(奈良)-創成館(長崎)
第3試合 滝川二(兵庫)-中越(新潟)
第4試合 明豊(大分)-仙台育英(宮城)


5日目(8/10月)
第1試合 健大高崎(群馬)-寒川(香川)
第2試合 岡山学芸館(岡山)-鳥羽(京都)
2回戦
第3試合 龍谷(佐賀)-秋田商(秋田)


6日目(8/11火)
第1試合 鳥取城北(鳥取)-鶴岡東(山形)
第2試合 関東一(東東京)-高岡商(富山)
第3試合 石見智翠館(島根)-興南(沖縄)
第4試合 三沢商(青森)-花咲徳栄(埼玉)


7日目(8/12水)
第1試合 東海大相模(神奈川)-聖光学院(福島)
第2試合 遊学館(石川)-九州学院(熊本)
第3試合 作新学院(栃木)-第1日の勝者から決定




ピックアップ


・3日目がやばい
人気校、清宮くん、選抜優勝校VS常連の好カード、地元、そして週末。
どう考えても一回戦見に行くならこの日だけど、何時から並べば入れるのかという・・・。

・鳥取城北-鶴岡東、龍谷-秋田商
勝ったほうがもうベスト16なので、この2試合の勝者と当たる3回戦をどこが引くか。
各校とも地区大会を勝ち上がるだけの何かが有る訳で、逆に見ておきたい対戦。

・東海大甲府-静岡
うちの地元の静高なんとか初戦突破して欲しいが結構な難敵と当たった模様。
昨夏県優勝、昨秋県優勝+東海優勝、選抜ベスト8、今春県優勝+東海優勝で、
今夏は第一シードで再び静岡大会優勝。
各スポーツ新聞では上位候補に挙げるのも分かるけど、全国レベルでとなるとどうなんだろう。
予選見てると2回戦で152キロ出した日大三島の小澤投手を攻略したように速球主体の投球には強い一方で、
変化球とコントロール主体の相手には手こずってる試合もあったので当日までにどう対応してくるか。
あと一番の鈴木君と捕手の堀内君は要注目。

・岐阜城北-中京大中京
中京は愛工大名電との愛知決勝を見る限りかなりレベル高そう、
ただ東海地区同士で食い合うのはちょっと惜しいな・・。

・天理-創成館
何気に好カードな気がする、見ておきたい一戦。
この日は智弁和歌山や仙台育英といった上位候補も登場、しかも日曜日。

・7日目も結構いいカード
東海大相模は優勝候補の本命、作新学院も上位候補、
それとこの辺からお盆休みに入るので注目度は高そう。
あと見に行く人は猛暑のなか倒れないようご注意下さいませ。


まあとにかく誰にとっても地元ってのは有るわけで、
職場や知人・地元の話題としては優勝争いよりむしろ3回戦くらいまでが楽しかったりする。
てかビールと夏場の野球ってどうしてこう相性が良いのかねw


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/08/03(月) 18:12:14|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
10位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。