打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

将棋連盟の次期会長は・・・

 
昨年10月の三浦九段に対する処分を巡る一連の騒動で揺れるなか、先日遂にと言うか漸くと言うか現会長の谷川浩司九段が辞意を表明した日本将棋連盟。また常務理事の島朗九段も辞任とのこと。

谷川会長は個人的には子供の頃から好きな棋士の筆頭で、この人の本や将棋はそれこそ数えきれないくらい見て来た。それは平成に入って羽生世代が活躍し始める前から将棋をやっていた者にとってはごく当たり前の事で、本当にこの方はヒーローだった。恐らくだけどその後の世代としてここ20数年の将棋界をリードしてきた羽生・森内・佐藤・郷田・丸山・藤井などのいわゆる羽生世代から30代くらいまでの世代だったら、最も尊敬する棋士・影響を受けた棋士として多くが谷川の名を挙げるだろうと思う。

それだけに、今回の三浦九段を巡る一連の騒動はまず三浦九段自身の受けた不名誉・不利益・心労などは言うまでもなく重いものとなってしまったと共に、それに会長として直面した谷川先生の対応と最終的に辞任に至る動きには残念としか言いようがない。

さて、危機に直面した日本将棋連盟の次の会長は2月6日の臨時総会で2名の新理事を選出した上で新理事会で決まるとの事だけど、
臨時総会では他の理事への責任追及・辞任も考えられる状況で相当に混乱しそう。そうした中で気になるのは次期会長は誰になるのかという点で、既にいろいろと名前が挙がってきていますしニュースも出始めていますね。

将棋連盟の近年の会長は、まず実績で言うと谷川・米長・中原・二上・大山・塚田と1973年以降40年以上もタイトル獲得経験者が占めてきています。しかも通算獲得数が一番少ない二上達也九段ですらタイトル5回。この方は羽生三冠の師匠でもありますね。それ以前の会長も八段以上・順位戦A級経験者ばかりで、最低限の実績がないと連盟の構成員である棋士たちが付いてこないのかなと言う感がありますね。
次に年齢で言うと、近年で最も若いのは確か40代後半で会長となった原田泰夫先生だったと思う。この人は普及にすごく熱心で子供にも丁寧でやさしかったので良く覚えています。後は和服が似合ってて、飄々としてるんだけど妙に風格あったんだよなあ。

この辺の前例にならって現役棋士を見てみると、タイトル獲得またはA級在籍経験があって40代以上というのが最低条件でしょうか。この時点だとまだかなり居ますのでちょっと並べてみます。


(タイトル獲得経験者/40代以上)
羽生善治 97
谷川浩司 27
佐藤康光 13
森内俊之 12
加藤一二三 8
南芳一 7
郷田真隆 6
久保利明 5
高橋道雄 5
桐山清澄 4
丸山忠久 3
深浦康市 3
藤井猛 3
屋敷伸之 3
森けい二 2
中村修 2
福崎文吾 2
島明 1
三浦弘行 1
大内延介 1
塚田泰明 1
田中寅彦 1

(A級在籍経験者/40代以上)
青野照市
小林健二
井上慶太
森下卓
鈴木大介
先崎学
木村一基
行方尚史




こうしてみるとA級在籍経験があるならタイトル経験のない棋士の方が少ないくらいで、順位戦の実績とタイトルの獲得実績はそれなりに関係あるのがうかがえます。これ以外だと最近引退した内藤國雄・有吉道夫・現幹事の淡路仁茂先生あたりが長老格で、引退してても正会員です。あとは女流棋士でも四段以上は正会員で有名どころだと清水市代さんあたり。

さて、では誰になるでしょう。

普通に任期切れとかなら順当だと現在の専務理事である青野九段の昇格なんだけど、はっきり言ってないと思う。なぜなら今回の三浦九段の出場停止を決めた件では結構大きい位置を占めていたというのが将棋ファンから見た青野評だから。地元の棋士なので個人的には好きなんだけどしょうがないです。最悪辞任要求が臨時総会で出てきても不思議ではないのもあって除外。
同じく現理事と言う点では、谷川・島の退任組のほか非常勤理事の井上九段も対象外でしょうか。井上門下は近年関西の名門と言うくらいにプロ棋士を量産していて人柄もかなり良いんですけどね。

年齢でみると、木村・行方・鈴木・久保・三浦の5人は羽生世代より若いのでまずないと思われます。
連盟の顔と言う点だと南・桐山先生も実績充分だけどまあない。

そうなると、羽生世代より上がもうそんなに居ないんですよね。
残っているのは
羽生世代以上 加藤・高橋・森・福崎・中村・大内・塚田・田中・小林・森下 =10名
羽生世代以下 羽生・佐藤・森内・郷田・丸山・藤井・屋敷・先崎 =8名

ここからまず理事候補を2名選ぶとなると・・・
羽生世代以上だと大内・中村・森下の3名
羽生世代からは佐藤・藤井・屋敷・先崎の4名 くらいでしょうか。

むちゃくちゃな意見で言うと、大内先生は武闘派っていうかやらかしたことあるので、この際私やります宣言した後に今回の件でかかわった中堅若手の幾人かを総会でぶん殴ったあとに責任とって辞任しますあとは若いもんにとか妄想してしまう。個人的なファン心理だと実際そんな感じですから。

んでまあ、そんな漫画みたいな展開おきる訳もないので現実的なところで佐藤・中村・森下・先崎先生あたりの誰かが新理事に選出、んで佐藤康光九段を理事会で推挙、これが次善でしょうか。

それから一部には「棋士よりも外部から組織・経営のプロを招聘して~」と言う意見もあります。
例えば非常勤理事の中には川渕三郎の名前もありますからね。
でも、優秀な人ってまともに呼んだら報酬もそれ相応です。現実問題として将棋連盟ってそんなに裕福じゃないのですよ。
なので、非常勤ならともかくちゃんと活動する常務理事以上となると厳しいのが恐らく現実です。

その一方で、将棋界が順当に続く状況だったら、谷川会長があと5年以上やって、その後に50代半ばになった佐藤康光、ワンポイントで森内俊之、最後に全タイトル失陥したら羽生善治が10年以上。おそらくこれで2040年くらいまで行けたと思うんだけど、いまの状況はそれを許さなくなっている。

昨日今日の新聞報道で佐藤康光九段(永世棋聖資格保持者で棋士会長)の立候補が噂されているのも、当人や周囲の棋士の危機意識の表れでしょう。確かに佐藤九段は今回の件でちょっと関わってしまったことが惜しいのだけど、順当ならいずれ会長をやっているだろうと言うのは衆目一致するところで、現役A級・竜王戦1組のバリバリのトップ棋士に会長やれっていう無理があっても周囲が推したくなるのは分かる。ファンも勿体ないと思いつつ本命かなあと思っているフシがありますし。

そもそも将棋連盟の収支はそれほど余裕がないうえにタイトル棋戦スポンサーがすべて新聞だけなのも将来を考えたらどうしたって無理があり、近い将来は中小規模の一般企業スポンサーの棋戦を立ち上げて囲碁のように棋戦を勝ち上がって食っていける上位数十人のトーナメントプロと、指導普及に軸足を置いた100人以上のレッスンプロに分かれざるを得ないと思われます。

その時代になる前に、無茶な前倒ししてでも将棋界の顔になる人は知名度もというのは分からんでもない。
例えば羽生さんが会長になってトップ自ら各大手企業回りしたなら、中規模程度のトーナメント棋戦ならやりましょうって声が上がっても不思議じゃないかなと期待しますからね。

あともう一点。
これは完全にファン心理ですが、免状の署名が誰になるか。
これも結構大きい。
だって今、

会長・谷川浩司
名人・佐藤天彦
竜王・渡辺明

ですよ。
3年前なら半年ほどだけど

会長・谷川浩司
名人・羽生善治
竜王・森内俊之

と永世名人3人そろい踏みなんて免状貰えたかも知れないんです。
これは大きい。
そういう意味では、いくら優秀でも会長職に経営者引っ張ってこられても・・・
って思うのは無理からぬところかと。
あとはまあ、会長は棋士でもその下に実務職で理事長とか副会長を選任する、このほうがまだ現実的かも。


おしまい。








テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/01/20(金) 19:50:29|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海王ダンテのコラボ

 
きょう発売のゲッサン(月刊少年サンデー)買って今度のコラボのところ読んでみたら、海王ダンテはガナドールで出るようですね。
その討伐数で報酬が出る模様。
それとシリアルナンバーで入手するアイテムは紋章で、これはまあ性能云々に関係の無い要素なので良いんじゃないかな。
内容自体はDOL公式HPや4Gamerあたりにも既に出ているのでそちらで確認を。

作品自体について言うと今までゲッサン掲載作品で読んでいたのはMIXと信長協奏曲くらいで、昨年に始まったばかりの海王ダンテは全然読んでおらずでしたが、調べてみたらスプリガンとかARMSとかピースメーカーの作者さんだったので、なるほどこれならDOLのプレイヤー層が全然知らない訳でもないだろうし、私もいくつか読んでいたのでこれも取っ掛かりに1・2巻を読んでみるかなというところ。

時代的には今月号を読んだ限りだと主人公であるダンテ・ホレイショ・ネルソンはまだイギリス海軍の士官候補生から海尉心得に上がったばかりで、舞台は1773年のボストン茶会事件が起きたあたり。
いっぽう大航海時代ONLINEは18世紀末~19世紀に入っているのでやや進んでいますが、アップデートの目玉が北米なので場所・時代共にそれなりに関連あるといえばあるところ。
まあ作品自体はガチガチの歴史ものじゃなくてファンタジー強めなものの、イベントで登場するガナドールも怪しい効果出してくる相手も居るので、マップ上じゃなくガナドールで出す分には丁度良いのかな。


うちはガナドールなので恐らく商会イベントで使いそう。
一人でチマチマやるよりガナドールは一緒にやった方が面白いですからね。

さて報酬は何が取れる事でしょう。
予想するなら士官候補生服とかかなあ。
作品を反映させるならDOLイングランド色の白じゃなくて濃紺希望で。



おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2017/01/12(木) 16:47:43|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまさら新年初更新


明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしく。
1月も6日過ぎて今更ですがギリギリ松の内ですはい。

このブログも書き始めて11年目、
大航海メインだった当初とはだいぶ違うもの書いてますし、
ペースもかなりゆっくりやってます。


この年末年始は、2日だけは早朝からずっとテレ東。
バス路線の旅4回分・10時間とか俺バス好きすぎだろうと。
その後も釣りバカと孤独のグルメでつけっぱなしでしたし。

んであの「バス路線の旅」を見てて思ったのだけど、この企画が始まって8年~9くらいの間に、地方のバス路線って容赦なく脆弱化しているのが何となしに思い知らされますね。
県をまたぐ路線が無くて苦労するのは元々自治体の補助金の関係などもあって少ないのはともかく、地元の人に聞いたら「昔はバスが通っていたけど・・・」とか、1日に3本しかなくて午後3時台でその日は終了とか、近距離や循環のコミュニティバスに切り替わっていて、一日に何度も途中を5~10キロ歩いて連絡しないとどうにもならない、確かにそういうパターンが前から有ったことは有ったけど、ここ数年特に顕著になっていたのだなと実感させられた感じ。
それと、残っている路線も縦か横のどちらか、具体的には大都市圏に向かう方向は路線が多い一方で、それと交差する方向の路線は極端に弱い、そんな感じもしましたね。栃木→群馬方向でドハマりしたり、初日で福島を抜けられずに結果失敗したりなどと言うのは路線選択の問題だけで片づけられない気がします。


さてその2日以外はと言うと、元旦に親戚回りした以外ほぼCiv5やってました。
Steamのウインターセールでシヴィライゼーション5のコンプリート版が92%OFFで1,200円ちょっとになっていて、「なんだこれー」と思って思わず購入。6がまだ出たばかりでこれからパッチ当たって来る段階なので、今遊ぶなら5年経っていい感じに枯れた5の方が安いし良いかなと。それにしても、シヴィライゼーションやるの久々でまだ2周しかやってませんが、普通に1~2年まるまる遊べるくらいの中身有りますね。


そのせいか、大航海は年末ほぼ採集しかしていなかったのと、年末年始の例の航海コインのキャンペーンと福袋、年末のウェア出るロットだけは3000ポイントくらい買って入手しましたがそれ以外は結局買いませんでした。
特に迎春大福袋は中身ちょっと気になりましたしGCコインも1.5倍セール利用して買ったのだけど、用意だけして何だか1万払う価値あるのかなと、最後まで自分を納得させられなかった。

私だいたい一旦欲しいと思ったら物欲には勝てない、特に年末年始とか無駄に買ってしまう方ですし、今まで大航海シリーズは大方のパッケ・BOX・レシピを入手してる熱心な信者だと思うのだけど、それでも今回食指が動かなかったってのは逆に何でだろうというところ。
まあ、ああいう課金要素も今回のシロクマセットのようなそれ程性能に極端に影響しない見た目装備に留まっている分にはまだ趣味の範囲かなとは思うんだけど、まあ問題はその先だわね。


おしまい。



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2017/01/06(金) 16:32:59|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加藤-藤井戦 始まる

歴史的一戦


本日がデビュー戦となる将棋の藤井聡太四段。

史上最年少記録を更新してプロ入りしたのは今年の10月でしたが、
順位戦を始めとした将棋の棋戦は多くが春~秋に始まってしまうため、
デビューは今週決着が付いて期が変わった竜王戦となりました。

しかもその相手は加藤一二三九段。
当時の史上最年少14歳・初の中学生でプロ入りしたあと4年連続昇級・18歳でA級八段に昇段して「神武以来の天才」と呼ばれたほか、タイトル通算8期、NHK杯優勝7回、A級在籍36年、通算対局数1位、「1分将棋の神様」とも呼ばれるかつてのトップ棋士。
発言や奇行で今では別な意味で語られることも多いのですが、実績に関していえば間違いなく将棋界のレジェンドです。


またこの一局は現役最年長76歳と最年少14歳の対局にして、中学生でプロ入りした棋士同士の対局であり、加藤九段にとっては19・20・21世紀の三世紀に生まれた棋士との対局が実現した一局となりましたね。

この組み合わせが実現した時は本当にこれ抽選なのかと勘ぐってしまいましたが、まあ将棋連盟とメインスポンサーの読売新聞が何か配慮したとしても良くやってくれたと思う方が強い。だって加藤九段の年齢と最近の順位戦の成績、そして藤井四段の今後の出世スピードを考えると、この対局が実現するかどうかはここ一年間が勝負だなと感じていましたから。

ちなみにこの対局はニコ生でも放送していますが、14時台の視聴者数が84,000人を超えており、時間帯を考えると普段のタイトル戦より注目を集めているのが伺えます。


加藤-藤井戦2016-1224

先手 加藤九段
後手 藤井四段

上記の盤面は先手・加藤九段の手番で中盤の入り口に差し掛かったところ。
この後5四歩と打ったところの評価値は後手若干有利の-200くらい。
(まあこの一局でのソフトの評価はどうでも良い気がするが・・)


竜王戦の各組ランキング戦の持ち時間は5時間あるので、昼食・夕食休憩はさんで終わりは21~23:00くらいでしょうか。まだまだこれからというか面白いのは夕方過ぎてからだと思うので、将棋連盟もクリスマスのプレゼントとしては結構なイベントを用意してくれたなと思ったりします。

個人的には1991年に実現した大相撲の「千代の富士-貴花田戦」も連想してしまうこの一戦、どちらが勝つか以前に実現したこと自体が素晴らしいと思う対局も、そうは無いなあと思う次第。


おしまい。


テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/12/24(土) 14:40:55|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メモリ価格について

いつ買えばいいのよ・・


二か月くらい前にデスクトップPCのメモリを増設しました。
DDR4の16GB×2枚で15,000円くらい。
元々最初に組んだ時に4GB×2枚しか積んでおらず、
DDR-4の価格が下がるのを待ってから増設する前提でしたから。

ところでこのPC用のメモリ価格、実はここ一年というか昨年から今年の春にかけて急激に下がり4~9月に底値を付けていたりします。
製品の主力がDDR3からDDR4に移行してきたというのもありますが、ほんと一気に下がりました。
その後、為替や供給量の変動などもあって11月にいったん高値推移して、12月またじわじわ上げつつある、そんな傾向でしょうか。

いまの価格はと言うと、
DDR4-16GBメモリの今の単価は、8,000~10,000円台。
DDR4-8GBでだいたい4,000~5,000円台くらい。

つまり8GBも16GBも容量当たりの単価はほぼ同じ水準までこなれているんですね。
ちなみに2枚セットの価格はと言うと、

DDR4-16GB×2枚で15,000~17,000円程度、
DDR4-8GB×2枚が8,000~10,000円程度。

8GB×2枚組のなんか、春~夏の底値だと6,500円くらいまで下がってましたよ・・。
それと2枚セットで買う場合は16GB品のほうが安くなってきていますね。
つまり今後の主力は16GBメモリに移行しつつ有るかなと言う印象。

その16GB×2枚組で一番人気のありそうな商品である、
米Crucial社のDDR4-PC17000 16GB×2枚組のパッケージ価格の推移はこんな感じ。

メモリ価格16×2-20161213


春~夏ほんと安かったのが分かりますね。
それからほかのメモリも調べたショップの価格調査の長期推移はこんな感じ。

dimm2a.png


こうして見ると登場して数年経つDDR3はともかく、ここ2年でDDR4は一気に下がってますよね。
メモリ価格は生産側の供給、為替レート、そしてPCメーカーの買い付けなどいくつかの要素で変動しますが、生産側はDDR4の16GB品の拡大、為替はやや円安方向を反映、PCメーカーは春モデル用の買い付けなどが考えられるので、今後で言うと1~2月に価格がちょっとでも下がったらそこが直近の買い時かなと思ったりします。その先はまた夏まで様子見で。

と言うか、アメリカの大統領選挙の結果により来年の頭にトランプ次期大統領が就任する事も結構影響してくる気がしないでもない。トランプ政権の金融政策・財政政策見越しで既に金利上がってきてる一方で、欧州も来年は重要な選挙が続くので結果如何で為替レートが一気に振れてくる事も充分あり得る訳で、そうなると予測も何もないですから。

下がったら買い、もうそれだけかと。

ところで自分のメインPC、16GB×2枚足したのは良いのだけど最初に積んでいた4GB×2枚と相性起こしたのかそっちが起動しなくなり、32GBで稼働させてます。と言う訳であと2枚追加して64GBにしようかなーと思案中。使うかと言ったら微妙だけどそこまで足しておけばもう悩むこともないですから・・・。



おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/12/13(火) 16:50:53|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
8位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。